Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.10.20

国家戦略室・・司令塔?

このブログでも過去に何度か指摘してきました・・・、現政権の司令塔不在、総合調整機能の低さ。

そんな中、いよいよ、民主党の目玉政策である国家戦略室の体制が固まったようです。

この国家戦略室、イギリスのPoloicy Unitを倣ったものと言われていますが、イギリスのPolicy Unitは別に総合調整機能を果たすものでも、ましてや司令塔の役割をはたすものでもなく、あくまでも、省庁をまたがって主管省庁がはっきりしないような政策課題を省庁横断的に担当するものであることは、このブログでも紹介したとおりです。

「司令塔」の役割、それは、まさに大臣であり、大臣が集まる閣議であり、大臣を支える大臣チームのはずです。それが本来の「政治主導」ということでもあります。

自民党時代は、経済財政諮問会議があって、首相、財務大臣、経済大臣、経済産業大臣などの主要閣僚に加えて、経済界や学会の代表も加わって、いわばこの方々が一体の大臣チームとして、まがいなりにも「司令塔」の役割を果たしていました。

ところが、民主党はこの経済財政諮問会議を廃止し、そして新たにできた国家戦略室は、玄場大臣のもとに財務省、経済産業省からの官僚二人をトップにすえて、あとは事務方を官民から集めるというものです。

これでは、単にあらたな役所を作るだけのことです。この新たな役所が内閣府とどう違うのか、全くわかりません。「司令塔」などになりえるはずありません。

何となくこの民主党政権、官僚にとっては与しやすい政権のようです。

「天下り根絶」も結局、現役出向という焼け太り、あらたな省内高級ポストの設置という「うち下り」を許す結果に終わり・・・、今度は、「司令塔」という名の元で新たな役所の設置という、これまた焼け太り・・・・。

分かっていないな・・・、そう思う日々・・・。

この記事へのコメント

  • みみさん 2010年10月20日 13:46

    戦略などは日本のブレインたちが秘密裏に行う事。わざわざ戦略室を作って、メンバーを公開して、内容も公開して海外に物事が筒抜けで
    やるべきことではないでしょう。
    それは戦略とは言わない。
    本当に、あの党はますます特亜人による
    特亜人の為の政党に見えますね。
    そもそも、少子高齢化で外国人を日本へ
    なんて事をいう事自体が、もう日本は自立
    不可能ですと白旗を上げているも同然。
    少子高齢化であればそれなりにメリットデメリットはあるはずで、少子化の部分を少数精鋭に
    し、高齢化の部分を老人を切り捨てずに社会で
    長く活躍してもらうような仕組みにすれば良い
    のです。(そういう対策を取ってこなかった前政権自民党にも問題は有ると思うのです。)
    人口が減れば本当に悪い事ばかりでしょうか?
    違いますよね。
    頭数が減ればそれだけリスクも減る。(たとえば
    病人の数とか)
    コンクリートにひしめいて暮らさなくても皆にほどほどに家を持つスペースが確保される。
    などなど、今日本が見えていない(というか、
    戦後、見えないように目隠しされてしまった)
    良い価値観だってたくさん眠っているのです。
    あの人は、日本は日本人だけのものではない
    と言い放ちましたが、日本のトップであれば
    せめて「日本は日本を愛する日本人のものだ」
    と言うべきでしたね。

  • みみさん 2010年10月20日 13:46

    もともと外国人でも日本を愛して日本の為に
    貢献する人は日本人になれるわけで。
    日本を利用するだけの為に帰化する外国人の
    国籍ははく奪すべきですね。偽日本人が世界で
    馬鹿な事をしてそのお尻ふきを日本人がさせられたら、日本の発展が遅れます。
    また、今まで尽力してくださった先人達が築いた
    日本ブランドに傷がつきます。
    日本の高いブランド力を維持する事。
    これだって、立派な国家戦略なのです。
    偽日本人に邪悪なコンテンツを作らせて
    日本代表として世界に出すべきではないのです。誤解されます。
    日本の足を引っ張るものがどんどん出てきて
    いますね。マスメディア、ひどいですよ。
    よーく観察してください。そして、殺人など邪悪な要素を含むものは排除しなければそれが洗脳
    材料になって犯罪を犯す若者を作り出して
    しまうのです。(その辺は心理学・脳科学に
    詳しい人だったらすでに危険性を感じていると
    思います。しかし、日本の学者はどうして警鐘を
    ならさないのか?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件