Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.05

尖閣ビデオ


今朝ツィッターでもつぶやきましたが、今朝、尖閣ビデオが流出しているとニュースを聞いたときは、とてつもない衝撃を受けました。首相以下政府が、「一般公開しない」、「国会でも一部の議員に、しかも編集したものしか見せない」と最高意思決定をしたものが、いとも簡単に出てきてしまう。

国家機密が守れない国家は国際社会で生きていけない、考えれば考えるほど恐ろしいことです。

そう申し上げた上で、もう一点感じることは、恐ろしく情報ツールが発達した現代社会においては、ほとんどのものは隠せない、という当たり前の現実です。どうしても隠さなくてはいけない場合には、隠すことについて明確で、かつ殆どの人が納得できる理由がないといけないということです。

今回のように、そもそも何故国民に公開しないのか、ただ中国の機嫌を損ねないように、という理由だけでの情報の隠匿は、現実問題として無理だったということではないでしょうか。

いずれにしても、政権の意図に反して真実が天下に明らかになってしまった以上、中国漁船の無法行為と中国政府の言いがかりをしっかりと目に焼き付けて、今後の我が国の在り方を議論する一つの材料としなければなりません。


もちろん、どうしてこういう事態になったかの原因と政府の責任の解明は、しっかりやらなければなりませんが・・・。

この記事へのコメント

  • カード屋ジョニーさん 2010年11月5日 23:39

    もし流出しなかったら、
    国民は真実を知らされないまま
    中国のいいなりとなっていたのではないでしょうか?
    確かに機密情報を流出させた行為は問題かも知れません。
    私は今回のことは咎めるべきものであるとは思いません。
    私は勇気ある愛国者かと思います。
    中国の顔色ばかり窺う売国奴首相・売国奴官房長官
    を野放しにしておく方が問題かと思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件