Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.06

インテリジェンス・クーデター ~公安情報流出&尖閣ビデオ~

「クーデター」、我が国では死語のような言葉です。

しかし、その昔は、我が国にもこの「クーデター」がありました。帝国陸軍の一部青年将校達が軍を動かした2.26事件、帝国海軍の同じく青年将校達が官邸を襲撃して時の首相を暗殺した5.15事件。

直近では、60年安保闘争での共産主義者の台頭を危惧した旧日本軍関係者などが計画したものの事前に察知されて34人が逮捕された1961年の三無事件、1970年の三島事件などがあります。

しかし、繰り返しますが、その後は、クーデターは「死語」となってきました。誰もこの国でクーデターが起こるなどとは思ってきませんでしたし、クーデターが望ましいはずもありません。

しかし、真実はこれから明らかになってくる段階ですが、今回の尖閣ビデオ、公安情報流出は、一種のクーデター的要素も含んでいるように思われます。

民主党政権下で、しかもAPEC前という重要な時期に、いくら内部の者とはいえ、一人だけではアクセスできないような多様な情報が、外部に流出する。


正に「インテリジェンス・クーデター」あるいは「インテリジェンス・テロ」の時代に入ったということでしょう。

私もかつて役人として機密情報に接してきました。

とりわけ、英国大蔵省に出向して、マネーローンダリングの監督当事者となったときには、正にインテリジェンスの重要性を肌身で感じてきました。マネーローンダリングとは犯罪者の収益を秘匿する行為であり、その犯罪者にはテロリストも含まれているからです。

私は英国大蔵省の人間として関与しましたが、関連会議には、NCIS(国家犯罪情報サービス局)やロンドン警察、英国外務省などの担当官も参加して、高度なインテリジェンスを扱っていました。

そこには常に緊張感がありました。何故なら、この高度なインテリジェンスが外務に漏れたときには、自らの身も危うくなるし、国家の存立も危うくなるからです。




今回、我が国でおこっている一連の情報漏えいは、日本の現状に対する危機感、義憤にかられた行動であるという側面がある一方で、日本という国家組織を崩壊させる「インテリジェンス・クーデター」の色彩も帯びています。


責任は誰にあるのか、当然のことながら、政府・与党にあります。こういう行動に追い込んでしまった責任もあります。


早急な体制立て直しと事実関係の解明が必要です。

この記事へのコメント

  • さん 2010年11月6日 13:00

    おっしゃる通りだと思います。
    事実上超法規的措置で釈放された船長、その他の船員。
    方や全うな事をしたが日本の『法律』を破ったことで逮捕される可能性の高いsengoku38さん。
    この国の何処に正義があるんでしょうか。
    クーデターが起きずに民主党政権が倒れる事を望みます。
    ただその時のまともな有権者の支持は何処に行くんでしょうね。
    公明党という下駄をはかないと選挙区で民主党に勝てない自民党には未来がないでしょう。

  • 竜の柩さん 2010年11月7日 12:43

    尖閣問題
    隣に犯罪者がいて、防犯カメラに映像が残っているけど、犯罪者に切れられると怖いから警察には言えないし、言っても警察に守ってもらえない日本。そんな日本に誰がした?民主党です。そもそも公開しなかったことが一番の問題。
    また、事業仕分けで、技術分野で2番で駄目なんですか?と問いただす政党には、情報セキュリティーなんて高度な技術分野は全く理解できていないのは当然。今回の事件も当然の結末。
    TPP交渉不参加
    自国の農業が駄目になるとの理由で不参加?ふざけないで欲しい。じゃあ、TPP参加する国の農業は全部駄目になるのか?FTAを拡大している韓国の農業はどうなっている?
    旧来の手法でしか農業を出来ない極少数のヒトを守るため(と裏には農林省の権益を守るため)に、これまで日本を引っ張ってきた技術分野を駄目にする気らしい。日本がつぶれるのは時間の問題。
    反日教育の朝鮮学校の授業料無償化
    自国の義務教育ですら無償化できないのに、犯罪者を育てる教育を支援するとはあきれて物も言えない・・・民主党。昔の社会党は中国や北朝鮮から支援を受けていたとしか思えない・・・。
    中国に200人近くも連れて訪れる国に日本を守る気なんて全くなく、日本を売る気しかない。
    民主党は本当の売国奴です。
    ただ、年取った自民党員にも期待していない。権益を守ることしか考えてないから。若いヒト達で結成された党があるといいのですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件