Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.09

TPP参加協議開始を決定

政府が、本日、TPP参加についての協議を開始することを決定したそうです。
そして、菅総理は、予算委員会で、「開国が一番大切」答弁。
元来、小さな政府論者であり自由主義経済論者の私としては、TPP参加は歓迎すべき方向です。
しかし、今回の民主党のやり方には、二つの懸念を感じざるを得ません。
第一に、TPPについて、政府内で十分な議論が尽くされたとは考えられないことです。むしろ、外交で失点を続け支持率が落ち続ける菅総理が、外務省や経済産業省の役人に美味しそうな球を投げられて、急いで飛びついたという印象です。
その結果、我が国が、TPPに参加して何を得、最低限何を守るのか、という戦略が全く見られません。「TPPは市場も投資も人の移動も100%自由化するもの」といった議論が見られますが、それであれば、参加国によるラウンド(交渉)を行う必要はないわけです。当然のことながら、参加各国が、何を守り何を得るか、自国に最も有利になるように、それぞれに戦略を練って臨むわけです。
その戦略を先に練らずに、APECで議長としてかっこいいことをしたいというだけの姿勢に、強い懸念を覚えます。「開国が一番大切」なんて陳腐な言葉しか出てこないところに、ああ総理は何も考えていないなと透けて見えてしまうのは私だけでしょうか?
少なくとも、我が国は、主食である米は守っていかなければなりませんし、人の移動についても慎重を期す必要があります。そのために、国内的にも参加決定までに打っていかなければならない対策が多々あります。
もう一点は、「国を開く」と菅総理、民主党政権に言われると、背中がかゆくなるということです。何故なら、小泉政権が進めた規制緩和や市場開放を、「弱者保護」という美名のもとで散々にこき下ろしてきたのは、民主党だからです。
ちなみに、その最大の象徴は郵政民営化への反対です。
ところが、TPPでは金融市場の開放も要求されます。民主党が政権交代を実現した2009年の衆議院選挙で掲げた郵政民営化への反対は、明らかにTPPとは逆行する動きです。
一体、民主党はこの問題をどう解決するつもりなのでしょう。
ここにも、今回のTPPがほとんどまともに議論されずに、得点稼ぎのためだけに利用されていることが現れていますし、民主党のその場しのぎの体質が浮き彫りになっています。

この記事へのコメント

  • 奥多摩最強プロさん 2010年11月9日 18:11

    木原先生こんばんは。
    あの忌まわしい政権交代以後、権威も品格もなくなった国会の中継が、もはやバラエティ番組と大差なく感じる今日この頃は、
    もはや彼ら与党の一貫性と整合性の欠落した言動には全く驚かなくなりました。
    例えばこの「開国発言」ひとつにしても、要は展望も根拠もない、ほろ酔い気分の町のおっさんの戯言の程度ですからね。
    ですが、私も一市民としてこのTPPには賛成なので、何とかあの町のおっさん共をおだてて木に登らせて貰いたいです。
    その私が考えるTPPの効果は、適正な日本の物価への再考であり、この異常な物価の本質を暴いて欲しい一心からです。
    誰が何処でピンハネをしてるのか?
    この中間コスト利権の撤廃こそが、日本再生への唯一の道筋だと考えます。
    今日の中継を見ていても、木原先生が質疑応答に立たれる事を想像し、重ね合わせて我慢していました。
    その勇姿が現実になるまで、私も一歩ずつ頑張ります!

  • 所沢市民さん 2010年11月10日 08:42

    郵政民営化とTPPの違いが解らない馬鹿な総理大臣ですからね。
    今回もその場凌ぎで発言している気がします。

  • h-k320さん 2010年11月10日 10:03

     私はTPP参加に関しては反対ですね。
     また、経団連の意向で日本の農業、畜産、漁業を犠牲にするのですか?
     過去にもそれをやって危険な中国産の野菜が出回ったのです。
     それに各国の物価格差がある以上、関税は当然の行為です。
     一時的な金儲けの為に食文化が崩壊されるのは迷惑です。
     それに「新自由主義」の時代は終わってます。
     日本の自給自足の方がはるかに大事です。
     木原さん、値段は高くても日本国産の野菜、肉、魚を食べましょう。
     自動車会社の役員達と株主は頭を冷やしてほしいもんですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件