Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.16

事業仕分け第三弾後半戦 ~ 再仕分け


事業仕分け第三弾の後半戦が始まりました。

前回のメールでは特別会計の事業仕分けについて書きましたが、昨日から始まったのは、「再仕分け」といわれるものだそうです。


昨年の事業仕分けで「廃止」と判定されたのに、看板をかけかえたり、事業内容を少しだけ直したりして、予算要求されているものを、再度仕分けるというのが、その趣旨だそうです。

しかし、仕分けで「廃止」とされたのに、わざわざ予算要求されたということは、民主党出身の政務三役がハンコを押したということで、それを民主党の事業仕分けチームが再度仕分けるというのは、完全な論理矛盾です。

原口前大臣が、自分が認めた事業を再度仕分けるなら、「自分を仕分けろ」と怒りのコメントを出していたのは、まさに、今回の仕分けを象徴しています。

「政治主導」の最大の看板である「政務三役」がハンコを押したものを仕分けていたら、政治主導など絵に描いた餅になってしまいます。

これまで再々にわたってこのブログでも書いてきましたが、政治主導っていうのは、個々の政治家がえばったり、官僚を怒鳴ったりすることではありません。

行政の中で責任ある地位の皆さん、要するに政務三役が、役所をしっかりとグリップして、導いていくことにつきます。

そのことを否定するなら、役所なんて全部潰してしまったらいい。

ちなみに、こう書くと、「役所・役人が勝手に予算要求したんじゃないの」と思う方もいらっしゃると思います。

しかし、役人を14年間やっていた経験からいうと、政権の看板会議で「廃止」とされたものを、どんな形にせよ再度要求するとなれば、政務三役に必ず事前説明しているはずです。何故ならば、隠れてやれば、責任をとらされるからです。責任を回避する、それこそ役人の最大の能力。


要するに、今回の再仕分け事項は、いずれも「政務三役」が何らかの形で決定に関与していたはずで、その証拠に、今回の仕分けでは、説明役の多くが、官僚ではなく政務三役にかわっていました。

役所からすれば、「政務三役さん、ご了解いただいたんですから、自らご説明ください」ということになるし、政務三役からすれば、「政治主導で自分が予算の復活を認めたのに、再仕分けとは何だ」ということになります。




いずれにしても、この「政治主導」の混迷は、国政に大きな停滞を及ぼすはずです。

繰り返しいいます。政治主導とは、各省庁の大臣がしっかりと自らの役所をグリップ、先導することによってしか達成されません。

どんなにかっこいい名前の会議やあらたな組織を作っても、各省庁がある限り、ここをしっかりと支配しないことには、政治主導は達成されないのです。

もう一言。官邸は何をやっているんでしょうね、この迷走、この事態に対して。

今の官邸は、全く機能していませんね。官房長官、官房副長官、補佐官その他にも多くの政治家が総理を支えるために官邸にいるはずなのに、全く機能していない・・・。これこそ、仕分けた方がいいでしょうね

この記事へのコメント

  • yasuucareさん 2010年11月19日 23:10

    再事業仕分けをすること自体が矛盾に満ちています

  • 東村山市民です。さん 2010年11月21日 22:36

    11月21日、先週の国会は、大荒れで大変な様子でした。
    私は思うのですが元々菅直人は、副総理の時は眠っていて物事、全て他人事でした。総理大臣に成ってからは、論争を避けて国会を閉じて選挙以外は何もしてきませんでした。民主党の党首選では、国会を閉じて選挙活動以外は何もしませんでした。
     眠っていればよかった月日が10カ月・選挙だけすれば良かった月日が4カ月程度おそらくこの期間は、バラ色でした。
     しかし、中国船の衝突犯の犯人を、VIP待遇で逃亡の手助けをしました。泥棒に追い銭とはこの事です。
     次に、国際会議に出席して各国の国家元首と会談をして、日中間に尖閣問題が有ると確認し合い、北方四島はロシアの物と言われました。
     事業仕分けで、民主党の内閣が組んだ予算を自身の内閣で、事業仕分けをしました。
     
     一番、行ってはいけない事は、補正予算を組んで国会を開催した事です。
     6月の総理大臣就任時に2・3日、国会を開いた事が有りますが会期が短くてボロがる前に国会を閉じてしまいました。今回は、9月の後半から2カ月余り断続的に国会を開催しています。
     続く

  • 東村山市民です。さん 2010年11月21日 22:46

    国会の質問が苦手な菅政権では、答弁に苦慮しているのが伺えます。また、拉致問題・普天間・尖閣・北方四島・子供手当・国旗国歌法反対・外国人参政権・岡崎トミ子・仙石由人・馬淵澄夫・蓮舫・柳田稔・小沢一郎・鳩山由紀夫の諸問題が次々に浮上し、どうにもならない状態に至っています。
     菅直人は野党の質問に対して、閣僚の答弁を聞いた上で、無難な答弁を繰り返していました。しかし、閣僚が問題発言を連発しているので、答え様がない状態で、機能不全に至っています。
     結局菅政権は、何もしない時の方が支持率は良くて仕事をすると、やること為す事でたらめで、当人達もこんなに悪くなるとは認識していないと思います。菅政権は末期症状でマスコミも離れて行っています。
     鳩山由紀夫の時もそうでしたが、マスコミは政権が持たないとみると反対に政権を追い込む報道をします。
     あれだけ菅直人を擁護してきたマスコミが逆に舵を切り菅政権の荒探しをしています。菅直人が解散をすれば良いと思いますが、しかし、総理大臣の辞任で、民主党から新しい総理が変われば、また支持率が60%位は上がると思います。
     来年の統一地方選挙の直前に、玄葉光一郎の様な清潔そうなものが総理大臣になれば、
    支持率は必ずまた上がると思います。
     あと2年9カ月は、まだ辛抱の時と思います。民主党に4年間の白紙委任を渡した私達有権者は、重い責任が有ると思います。
     木原先生の踏ん張りを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件