Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.23

子どもの自殺 ~ 学校の先生に権威を


またまた、札幌市の中学校で中2の女子生徒が自殺をしたとの報道が・・・。

先月10月には、群馬県の小学校で6年生の女子生徒が同じように自殺しています。

あまりに不幸なことです。前途洋々のはずの子ども達が自ら命を絶つ、それほど追い詰められ、絶望し・・・、あってはならないことです。

テレビゲーム、インターネット時代に入って、子ども達に「死」や「生」に対する現実感がなくなったとか、「痛み」や「苦しみ」への実感がなくなったとか、あるいは、地域社会が崩壊し核家族化して大人の監視の目が行きわたらなくなったとか、色々なことが言われます。

いずれも、本質をついた正しい分析だと思います。

しかし、もう一点。学校の先生の権威を今一度上げることが大切なのではないでしょうか。

私が小学生の頃は、怖い先生がいて、悪いことをすれば、長く太い木の定規でお尻を5発ぐらいたたかれましたし、廊下にたたされました。親も学校に呼ばれてしかられたこともあります(母上どの、その節はご迷惑をおかけしました)。

理屈抜きに学校の先生は偉い、悪いことをすれば怖い、そういう時代でした。

今はそうではないようです。体罰とひとくくりにされ、子ども目線でと言われて、何かすればモンスターペアレントに囲まれ、先生達は子どもの生活を規律し、悪いことを悪いと躾ける手段を奪われてしまっています。

子ども達の間での争いやいじめを止めに入る手段も奪われているのではないでしょうか。言って聞かせても分からない子に、実力をもって分からせる、教えることも時として必要なはずです。

全ての先生が、金八先生のように、言葉や態度で子ども達に伝えられるわけではないのです。




先生達が学校を規律できないことによって、不幸な目に会うのは大人ではなく子ども達という、何とも言えない矛盾。そして、手足をもがれた先生という職業には魅力がなくなり、良い先生も集まってこないという悪循環。

繰り返します、学校の先生に権威を。

この記事へのコメント

  • honwakaさん 2010年11月23日 09:57

    昔から「気は優しくて力持ち」だった木原先輩が仰ると、より共感いたしますね。
    ぜひ再び国政で先輩が動きやすくなるよう、
    地元地主としても、後輩としても、サポートできればと考えております。

  • 所沢市民さん 2010年11月23日 13:36

    日教組は自身らの反日活動を達成すべく、教職と言う立場を悪用して、数々の違法行為を行い、現場の子供達を蔑ろにしています。
    また、マスゴミは自己の利益追求のみに溺れ、公共電波等を悪用して、視聴率史上主義を徹底し、事実を正確に伝えず、歪曲報道により、日本国民のモラルハザードを起こしています。(特にNHKとTBSとテロ朝が酷い)
    私は個人的に、そう思っています。

  • Rogerファンさん 2010年11月25日 03:09

    でも、それだけではダメだと思うのです。
    もっと、親が学校に関心を持つべきです。
    自分の子がどう扱われているかでなく、学校の実情をもっと父親が知るべきです。
    家の中のアメニティには関心があるのに、起きている時間の半分以上過ごす学校には文句を言うだけで任せ切り…。
    特に私たち「父親」です。
    こういう私もお恥ずかしながら(以前成り行きで)PTA役員をやるまで、学校の実情を知りませんでした。
    どれだけ教師という仕事が過酷か。緊張の連続か。ムダな事務作業の多いことか!
    これでは先生方が子どもに向き合う時間すらままならない現状…。もっと知るべきです。
    教師の権威、権限を奪っているのは他ならぬ私たち父親の「無関心」であることに気づくべきです。
    モンスターペアレントの問題も、同じ親同志がPTAで話あって、子どもたちに「親のあるべき姿」を見せずしては解決しません。
    PTAを通じすべての親が真摯な態度で臨めば、学校にも先生方にもいい緊張感と共感が生まれます。
    それを背景に教師が子どもに臨んでこそ、子どもたちも信頼できると思うのです。
    親が無関心な学校の先生の言う事などを子どもが素直に聞くわけがない。
    ましてや親が学校を馬鹿にしていて子どもが、どうやって教師を信頼できるでしょう。
    迷った子どもは誰に相談できるのでしょうか?
    恐らくは木原さんのご両親も学校に関心をお持ちだったからこそ、先生の威厳を木原さんご自身が感じることができたのではないでしょうか。
    ご提案です。
    多忙とは言え、もっと父親が子どもの学校に「参加」すべきです。
    少なくとも学校長がどういういう考え方かくらいは直接聞くべきです。
    是非とも、そうした活動、政策を文部行政に取り入れていただければと思います。
    「育メン」「育児休暇」などありますが、こうしたPTA活動も父親が参加しやすい環境づくりをお願いします。
    p.s.
    私はお子様を持つ知り合いの多くに、飲んだりした時はPTAの役員になることを勧めています。
    PTAを通じて、未知だった世の中の仕組みに触れて学ぶことも多いです。やってみて本当に良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件