Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.25

官邸、外務省の執務室に戻すべき

今日は会社を休んで、八丈島に来ています。東村山ライオンズクラブ会長として、来年東村山の小学生の野外キャンプ受入への協力依頼、現地下見のだめです。
そして、先ほどいったん宿に入りました。テレビを着けたら参議院予算委員会。
あまりゆっくりブログを書く時間がありませんが、この緊迫した状況で、総理、外務大臣、官房長官が国会にはりつきというのはどうなんだろうと思います。
同じような内容の質問に繰り返し答える時間があったら、やはり官邸の、外務省の執務室で陣頭指揮にあたるべきです。
会社が危機にあるときに、取締役会ではなく、株主総会が連日開かれているような状況。
これは私のかねてからの持論ですが、日本の国会は内閣、大臣を拘束しすぎるのです。こんなに閣僚が議会に引きずり出される国は日本ぐらいです。
もちろん、無責任体質、運営能力欠場の菅政権に塩をおくるつもりは毛頭ありませんが、こういう緊迫した状況下だからこそ、国会の有り様を見直すときかもしれません。

この記事へのコメント

  • さん 2010年11月26日 07:00

    いつもコメント掲載ありがとうございます。
    民主党だから批判するのではないというスタンス良いと思います。

  • 奥多摩最強プロさん 2010年11月26日 12:21

    民主党政権が崩壊するのは自明なんですが、それによる日本再生への来年の総選挙において、東京21区では自民党候補者を擁立しないようですね?
    う~ん、心配です…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件