Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.02

北朝鮮 ~ 中国も手を焼く国

北京で、日中両国の政府関係者や学者など様々な人と話してみて共通に感じることは、中国も北朝鮮には手を焼いているな、ということでした。


日本の一部の論調には、今回の北朝鮮の韓国に対する暴発も中国が後ろで糸をひいているかのようなものもあって、なかなか面白い見方だと思うのですが・・・、しかし実際には全てを中国が操っているかのような実態には、中国・北朝鮮関係はないとあらためて感じます。


そう、中国も手をやいている・・・。

そんな様な雰囲気を感じさせる背景を、以下のように説明してくれた方がいました。なかなか面白い・・・。


中国と北朝鮮の関係は特別。中国は北朝鮮に相当気を使っている。その証拠に、中国のトップがわざわざ北京を出て、国境近くまで自ら他国の首脳を迎えにいく、あるいは会いに行くのは北朝鮮だけ(相手がアメリカであれ、韓国であれ、日本であれ、ヨーロッパであれ、中国トップには相手の国のトップが会いにくるもの)。

何故そんなに気を使うかというと、中国にとって北朝鮮は対アメリカ、対日本の最前線基地。皆さんが(日本が)沖縄の人々に気を使う、あるいは「申し訳ないな」と思うのと同じ感覚を、中国は北朝鮮に持っている。

中国からすれば、今回の韓国への砲撃にしても、アメリカに対する核の恫喝外交にしても、自らは図体が大きすぎてできないことを、代わりに北朝鮮がやってくれている。嫌なことはみな北朝鮮が引き受けてくれている。

したがって、多少のわがままは許さざるを得ない。

そんな中国の立場を北朝鮮もよく理解していて、中国にとっても対応が難しい行動をとってくる。だから、中国も手を焼いている。




うーん、そうだとすると、北朝鮮の行動を誰がコントロールしていくのか・・・。

日本は、やはり米国、韓国との盟友関係を強固にしていくことだと改めて強く感じた一日でした。

この記事へのコメント

  • mamorouAomoriさん 2010年12月2日 09:54

    ここにもまんまと中共に篭絡された人が一人いましたか。
    こんな人に国政を任せるわけには行きません。

  • Kateさん 2010年12月3日 01:38

    こんばんは。
    久しぶりの投稿になりますが、いつも拝見させていただいています。
    私は木原さんを応援しています。
    1つの理由は、日本を担う人として、基本的な考え方の部分は間違っていないだろうと思うからです。例えば「今の私たち日本人が(ある程度)恵まれた環境にあるのは、先人たちの歴史の積み重ねのおかげである」というような感覚を持っているだろう、と感じています。
    けれども、ときどき今回のような文章を目にすると、呆れてものが言えない気分になります。まるで一般の素人の発言にしか聞こえません。平和ボケな日本の、ごく一般人と同レベルの見識なのか、と思い知らされます。

  • Kateさん 2010年12月3日 01:47

    (つづき)日本の政治家として、日本を動かしていく場合に、一番大事で優先順位の高いことは自国の安全を守ることだと思います。安全保障や外交に無知では済まされません。日本の近くにある、北朝鮮や中国やロシアがどんな恐ろしい国なのか分かっていますか?歴史や体制その他について、しっかり勉強しているでしょうか?(もちろん韓国やアメリカもそれぞれ国益のためいろいろ企んだりするでしょう。そういう動きをしっかり分析して対策を立てられる準備はできていますか?)私は単なるサラリーマンで、失礼を承知で言うのですが、全然勉強不足なんじゃないでしょうか?
    日本では新聞やテレビを何気なく見ていても、ほとんどまともな解説や分析はありません。防衛関係なり、中国や北朝鮮に詳しい人の分析なり、ちゃんと情報収集していますか?会話した人の発言を聞いて、それを自分の見解と照らしあわせて考察するでもなく、そのまま感心してしまうのって、知性が低いと思いませんか?恥ずかしいことだと思いませんか?
    自分の専門外だから、で済まされることなら構いませんが、日本にとって一番大事なことですよ。

  • Kateさん 2010年12月3日 01:57

    (つづき)私が今まで勉強してきた感覚で言えば、中国が北朝鮮に手を焼いている部分はあるけれども、「日本人が沖縄に感じているのと同じような意味で、中国も北朝鮮に申しわけないと思っている」などということは、絶対に有り得ません。申し訳ないとかいう感覚、ましてや、それが国の動き方に表れるなんて、日本以外の国でそんな甘い話があるわけがない。中国は当然、北朝鮮が今後どうなっていくのか(存続する場合はどんな体制で存続するのか、崩壊するならその後その地域がどうなるのか)、どうなるのが自国の利益になるのかを、そしてそのための戦略を必死で考えているでしょう。
    それから、「中国が北朝鮮を100%コントロールしているわけではない」という話から「日本は米韓との盟友関係を強固にしていくしかない」という話につなげるのって、結論はともかく、あまりにも論理性のない文章に感じました。
    失礼なことをいろいろ書いてしまいましたが、今もし比較的いろいろ時間が取れるのでしたら、いろいろな準備、やるべきことを必死でやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件