Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.03

対中国は中小企業だ(続き)

中国に対峙していくには、日本の中小企業の力が不可欠。なのに、日本の中小企業にとっての不幸は、その卓越した技術の中身が直接外国に知られていないこと。


確かに、日本の晴海とかあるいは中国上海などで、国際見本市というか国際展示会みたいなものがあって出店・出品したりしているわけですが、正直、こういう展示会では、ほとんど効果がありません。

初日の午前中なんかは、お偉いさんが何人も来てどうでもいいような開会式が行われて、さすがに二日目は一日中使えるけど、三日目の午後になるともう店じまいといった感じで・・・。

たまたま、二日目にこれなかったバイヤーさんには何のアピール力もありませんし、そもそも何百もしかしたら千単位である出店のなかで相思相愛のバイヤーさんとめぐり合うことなど至難の業です。

そこで、日本政府あるいはその外郭団体が、中小企業に特化した常設の見本市を、例えば、羽田やあるいは中国・上海に設けるなんてことをしたらどうでしょうか・・・。そこに企業の方がいる必要はありません。役所で暇にしているようなお役人さん数人に常駐していてもらえばいい。そこに立ち寄ったバイヤーさんが面白い、これは中国で、タイで売れる、欲しい技術だ、と思ったときだけ、コンタクトしあえばいい。

中小企業からは毎月数万円の展示料金をいただく・・・、相思相愛の相手が現れたら、技術力流出阻止、買収防衛の方法などを経産省の役人が指導しながら、最終的な契約に持っていく。

政府がやらないなら、小規模ながら、自分でやってみようかな・・・。



この記事へのコメント

  • 通りすがりさん 2010年12月3日 22:23

    お疲れですね、ゆっくり休む時間も大切ですよ・・・。あまり、一生懸命も自分のためにならないかも?中国や北朝鮮も脅威ですがそれよりもロシア等の天然ガスや油田で潤っている国が両国に肩入れをしないかな?と不安です。何はともあれ、ゆっくり、とりあえず休んでください、若くはなくなりつつあるのですからね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件