Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.04

対中国は中小企業だ(最後の続き)

またまた、ブログの難しさですね・・・。

仕事の合間に時間を見つけて一生懸命書くから、そう長くは書けないし、全体像も書けない。どうしても、断片的になるので、誤解を生むようです。ごめんなさい。

ということで、ちょっと今回は長文です。お許しください。

コメントを下さった「竜の柩」さんのご意見に、私は全面的に賛成です。そして、自分も立場に全然違いはないかなと思います。ただ、「蓮法と同レベル」と書かれると、俄然書き込みたくなります(笑)。

恐らく、誤解が二つあります。

第一に、空洞化や海外進出に何らマイナスイメージはもってません。

第二に、中小企業に頼ろうとも思っていません。

その誤解を解きながら、もう少し詳しく、この議論を展開したいなと思います。

私は、空洞化や海外進出に何ら後ろむきなイメージを持っていません。むしろ、前向きです。講演会や駅で配るビラや雑誌のインタビューなどでも明確に答えていますが、私の持論は、積極的な外需獲得です。

90年代までは、先進国と言われる国々で、人口が1億を超えていたのは、米国と日本だけ。当たり前のことで、日本はこの1億を超える人口を持っていたからこそ成長できたわけです。しかし、今後の人口減少社会、そして中国・インド・ブラジルという人口の多い国が市場化してきているなかでは、今まで以上に積極的に外需を取りにいかなければ、勝ち残っていけません。

しかも、外需獲得にあたって、企業は単に「製品を輸出」するにとどまらず、恐らく工場部門、調達部門、もしかした本社も含めて「会社機能の海外進出」もせざるを得なくなります。TPPに入ろうが、法人税を下げようが、グローバル競争の中で生き延びていくためには、「機能の海外進出」は避けようがありません。そして、その海外進出の先は、中国から再びASEANに回帰してくるはず(というかもうし始めています)なのは、「竜の柩」さんのご指摘のとおりです。正に雇用の空洞化です。

しかし、これとても、マイナスに考える必要はなくて、国内の雇用が空洞化するなら、日本人がもっともっと海外に出ていけばすむ話です。要するに、機能の海外進出とともに日本人の海外進出も同時に進める。

現在、在外在留邦人は約110万人。将来的には、この5倍~10倍の規模で、海外で日本人が働く・・・。工場現場の全ては無理でも、工場長やライン長といった部門に日本人をどんどん展開していく・・・。

技術ということでいうと、日本の大企業が持つ技術上の優位性を堅持するためには、絶えざる技術革新の努力が必要です。その膨大なコストを回収し、更に技術革新に投資するために、大企業は大きな市場を必要とします。というか、大きな市場で他の競争相手に敗れ去ることは許されず、熾烈な価格競争に耐えていかなければなりません。

その意味で、大企業にとっては、中国であれ、ASEANであれ、はたまた南米であれ、機能の海外進出は必然です。

他方で中小企業・・・。確かに「竜の柩」さんご指摘のとおり、「その技術を必要とする需要が小さいから」中小企業なのですが・・・、中小企業とは元々そういうもの、それでいいのです。大企業のように大きな雇用も大社屋も抱えていないわけですから。どんなに小さな需要であっても食っていければいい。

というか、「小さいながらも需要があるから生き延びてきている」

であれば、同様に小さいながらも中国にもその製品の需要はあるはずです。恐らく日本よりちょっとだけ大きな規模で・・・。

中小企業はそのニッチで小さなマーケット、でも自分達が生き延びていくためには十分なマーケットをしっかりと押さえていけばいい。

中国に買収されたり、無理に中国進出しようとしたりするのではなく、堂々と売り込んでいけばいい。



ただ、それだけの意味です。別に「中小企業に頼ろう」ということではありません。

ただし、雇用のことを考えると、国内の雇用の7割を支える中小企業が堂々とビジネス展開して生き延びていくことは、決定的に大切なことです。

そして、それを政府が積極支援していくことも必要です。

最後に、政府がもっと技術開発を支援する、開発予算を確保する、科学技術予算を確保するのは当然のことです。少なくとも、ここを削るようなことは死への道です。

「何故2番では駄目なの」では生き延びていけない。


ただし、現在の大企業の問題は、ここだけにとどまらないのではないでしょうか。


大企業の利益率があまりに低すぎる。恐らく、大企業の数が、諸外国と比べて多すぎる。

自動車分野、米国はGM・・・、韓国は現代・・・、日本はトヨタ、ホンダ、スズキ、日産、・・・。

家電製品、韓国はサムソン・・・、日本は東芝、日立、ソニー・・・。


これだけの数の企業が小さな予算で技術開発競争を繰り広げていては、やはり勝てない。ここも改善していく必要があると・・・。


長文最後までお付き合い、ありがとうございました。

この記事へのコメント

  • 竜の柩さん 2010年12月4日 13:21

    こちらこそ、本意を理解しないでのコメント投稿お許し下さい。また、さすがに蓮舫とは違いますね、大変失礼いたしました。
    蓮舫は科学技術には2番で駄目なんですかといいながら、自分の選挙では1番で当選していますが、蓮舫の理論をお借りすると、5番で当選しても同じ議員なのだから、1番ではなく、ぎりぎり5番を目指す選挙活動をすれば選挙費用が小さくなり、対費用効果が大きくなりますよと言いたいのですが…。
    と、話がそれてしまいましたが、第一に、積極的な外需獲得が重要であり、そのためには市場がニッチであってもしっかりと押さえることが大切とのご意見、本当にその通りだと思います。また、生き延びていくための手段が、中国による買収や無理な中国進出ではなく、堂々と売り込んでいく事であり、それを実施可能とするために政府の支援が必要だということも理解できます。是非、そうなればいいと思います。ただ、優れた日本の中小企業の技術の一部は、すでに欧米から注目され活用されています。現在の中国には市場力はあっても、本当の意味での技術力はないため、中小企業の技術力を活用するのであれば、ターゲットを欧米とする方がよいとも思います。
    一方、「国内雇用が空洞化するなら、日本人がもっともっと海外に出ていけば」というお話ですが、これまた極めて正論だと思います。ただし、大きな問題となるのが、日本人の英語力であり、それは日本の教育問題へと繋がります。韓国では英語教育が非常に過熱しており、大学受験前?には既にかなりの英語力を持っていると聞きます。藤原正彦さんの本で書かれているように母国語も大切ではあるのですが、英語での会話力・交渉力がそういった企業の海外進出を阻害している大きな要因の一つとも考えられます。
    最後に、大企業(海外から見れば中規模企業)の数が多いのはご指摘の通り大問題です。ただ、鉄鋼分野かどこかの会社が統合しようとした時に、海外比率からすると問題にならないのに、日本でのシェアがネックとなって統合できなかったという記憶があります。これが本当であれば、日本では統合が進めれないという事であり、こうなると政治で解決してもらわないと駄目なのではないでしょうか。
    今後のご活躍を期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件