Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.21

政党って?

小沢一郎さんをめぐる民主党内のゴタゴタを見ていると、政党人でありながら、「政党」って何なんだろうと思わずにはいられません。
小沢問題は「政治とカネ」の問題に見えて、実際は明らかに政党内の権力争いですし、菅総理と小沢一郎さんには、理念や政治手法に関して何の共通点もないように思われます。
実は同様のことが自民党にも少なからず言えます。TPPをめぐる議論などに顕著なように、都市部と地方の議員には大きな対立軸がありますし、郵政民営化に対するスタンスも大きく異なっています。
そもそも、政党政治なるものの限界も見てとれます。 例えば、普天間の問題を考えてみると、今や自民党も民主党が「県外移設か国外移設」ができないことを非難している状況。この状況で、自民党が政権を取り戻したら、今度は自らに跳ね返ってきます。
政権政党が政権を維持しようと、逆に野党政党が取り返すそうと、お互いに頑張れば頑張るほど、日本の政治は悪くなっていくように感じます。
いっそのこと政党などなくしてしまえばいいのに、これはあまりに極端でしょうが・・・。
ところが、現実には、国民一人当たり250円を支出して、政党交付金が政党に流れています。そう、政党は税金投入のある公的存在になっているわけです。しかし、国民が投票するのは政党とは限りません、一議員ということもあります。というか、これからはその傾向が強くなるような気がします。
もう一度、政党助成金について真面目に考えるときかもしれません。アメリカには政党助成金はありませんし、英国では政党助成金はほんの僅か、日本の1%にも満たない規模で、それも野党にしか配られません・・・。ドイツやフランスでも、政党助成の規模は明らかに日本より小さいものです。
この機会に、政党政治の在り方を問い直すべきなのかもしれません。
私は、その手法や考え方には全く賛同しませんが、橋本、東国原両知事や河村市長あるいは大村知事候補などが、輝いてみえる所以かもしれません。

この記事へのコメント

  • サラリーマンCさん 2010年12月21日 17:34

    国会議員は50人くらいで、内閣と外交防衛だけやってればよい。いるから、金がかかるし、わけわからん手当ができるし、余分な空港もできる。

  • 9310onakagoogoさん 2010年12月22日 00:28

    政党の否定は、素朴なぎもんです。
    大体、政党で決めて、議会で考えずに
    多数決の暴力でがんがんやる。
    おまけに、族が党内に一杯じゃ
    日本がよくなるはずはない。

  • 道志さん 2010年12月23日 22:29

    多分、お答えに困ると思います。このブログを拝見している方々は、どのように応援をしていいものなのかと…。なぜなら、皆、一回生議員の応援団だからです。ご教授をお願い致します。お答えずらいと思いますが気持ちの内をお聞かせ願えればと思います。宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件