Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.28

かかりつけ医、家庭医の導入を

相変わらず政治は、というか民主党は、つまらん政局を続けています。さっさと証人喚問を議決するか、離党勧告⇒除名に踏み切るべきです、民主党執行部が本気なら・・・。

ま、それはそれとして、昨日のブログで来年度予算の評価について書いたところ、何人かの方から、社会保障分野の改革でどんなことが具体的に考えられるのか、という質問を受けました。機会をあらためてじっくり社会保障分野の改革についての全体像を書きたいと思いますが、今日は医療について一点だけ。

それは、「主治医、かかりつけ医」制度の導入です。

医療制度で大事なこととして、アクセス(access)、コスト(cost)、クオリティー(Quality)の三つが言われることがあります。この三つの中で、日本の医療の大きな特徴は、医療のアクセスが極めてよい、開かれているということです。

つまり、国民の誰もが、いつでも、自由に、慶応病院であれ東大病院であれ昭和病院であれ、そしてもちろん街の開業の医院であれ、思いのままに自由に選んで、しかも同じ自己負担で診療を受けられるわけです。



しかし、日本のようにアクセスが完全に開かれている例は世界的には稀です。多くの国でも、もちろん医療は公的に支えられていますが、公的医療へのアクセス、最初の入り口は自らの主治医に限定されるなど、制限がかけられています。それ以外のアクセスポイントを選べば、そこは公的には保障されず、自分でコストを負担するという形が取られています。


例えば、私自身も生活したイギリスでは、「居住する場所に近い「かかりつけ医」(GPと言います)を選び、登録」することが求められています。そのかかりつけ医を通じてでないとNHSNational Health Service、国民健康保険)のサービスにアクセスできないし、GPの紹介がないと大病院の診察は受けられません。

多くの国で、程度の差あるいは縛りの厳しさはあれ、医療へのアクセスは先ず主治医。主治医が常日頃から患者を見ていて、何か手に負えない重大なことがあったときには、その主治医が紹介して病院や専門医に行くという仕組みが取られています。このために、ちょっと喉がガラガラする、お腹が痛い、といったことで大きな病院に行くようなことはできないということです。もちろん、救急医療は違います。



ところが、日本では、どんな大病院であっても、誰でも、いつでも、どんな理由でも、自由に使っていいとなっています。そのくせ、「3時間待ちの3分間診療」などと揶揄され、もっと困ることは、本当に大切な救急の患者などが診療を受けられない、大病院の勤務医が過重労働で疲弊するといった事態が生じています。しかも、街の開業医院でも大病院でも、診療代は変わらない。


公的医療の役割は何でしょうか。国民誰でも平等に必要な医療を受けられるセーフティーネットの役割です。そのときに、風邪や小さな怪我で大病院を利用できることが、公的医療が担うべき必要な医療、セーフティーネットかというと、恐らくそうではありません。


公的医療へのアクセスは、36524時間、全国民に等しく保障されなければなりませんが、そのアクセスをする場所は、ある程度制限をしても許されるのではないでしょうか。



結果的に、大学病院や専門医院などから、日常的かつ般的な健康を診るようなものを切り分けていくと、医療資源のより適正な配分ができるはずです。

既に、我が国でも、家庭医普及への動きがあります。2010年度の診療報酬改定では、夜間や休日など時間外に対応できる開業医に報酬を上乗せする仕組みを盛り込んでいますが、これを更に進めていってはどうでしょうか。

この記事へのコメント

  • ももさん 2010年12月28日 15:01

    日本でも地方などでは、大病院が家のそばには無い場合が多いので、自然と皆さんは
    近所の診療所→そこで見切れない重大病は
    医師の紹介の元大病院にかかる、
    という構図が自然にできています。
    しかし、都市部などは、誰でも大病院への
    アクセスが簡単なので最初から有名病院に
    行けば・・・・・と駆け込むようになるのでしょうね。
    日本もさっさとイギリスのGPシステムのように、最初は皆近所のかかりつけ医に(登録?して)行かなければ入院設備のある大病院にはかかれないようにしてはどうでしょう?
    今ある施設で十分ですから、システムだけ変えればいいのですよね。
    地元の最寄りの診療所で、定期健診、簡単な
    病気やけがの治療、をするようにすればいいのですよね。
    また、個人の不注意による怪我などは保険の
    範囲を減らしては?
    例えば、スポーツなどで怪我をするのは個人の
    選択であり、不注意が原因。そのようなもの
    まで、国民皆保険の財源を使っている場合では
    なく、保険はもっと慎重に生きていてもかかって
    しまう病気などに限定すべきではないでしょうか?
    健康意識が高く、慎重に生きている人達と、
    馬鹿騒ぎをしている人達の使う医療費の格差
    はものすごいと思いますよ。
    昨日もテレビで警察のお仕事をやっていましたが、酔っぱらいが電車道に寝そべっていて・・・と
    それを警官が4・5人がかりで保護していました。
    よっぱらいの馬鹿の為に、警官の仕事が増え、善良な市民の税金が大量に使われています。
    そういう負担の配分を無くし、警官の世話になった馬鹿な人達から罰金をどんどん取って、
    (たとえば、酔っぱらい保護などは10万円とか、
    えーーーーもうやだ!と反省する位の額)
    それらを財源にしてはどうでしょう?
    馬鹿な事をすると、心も懐も痛む事を実感すれば、バカな人達は心を入れ替えるのでは?
    現状の仕組みでは、正しい人達の足ばかりが
    引っ張られています。それでは反省しないですよ・・・。日本の場合、殺人なども刑が軽い
    ですし・・・・・。ありえないですよ・・・・。

  • うさきちさん 2010年12月28日 21:48

    初めまして。今後の医療・介護分野の改革は重要だと思いますのでコメントさせてください。
    私も、日本における医療分野の自由度は高すぎると思います。開業も自由なので、過疎地での開業医は減り、人口密集地の開業医が増えます。そして、医師の検査も自由裁量となっています。
    ヨーロッパでは地域の開業医数は制限されて均衡が保たれています。医師の過剰地域では、過剰な検査で収益をあげます。
    これは日本における高度医療機器数の過剰に顕著です。CT、MRI装置など多すぎますし、高価な胃カメラやレントゲン装置を各開業医が持っている状況も海外ではありえません。こうした検査機器の過剰は、医療費の増大を招きます。
    医師数も増やせば、医療費は増えますから、医師の効率的配置を考えるべきです。早急に地域別、診療科別に適正化を図るべきでしょう。
    アメリカでは、開業医は病院のサテライトとして開業し、過剰な検査機器は持たず、必要な検査や手術は提携病院で行います。
    このように開業医が病院に赴くと高収入に繋がるようなシステムを取り入れるべきでしょう。
    開業医同士、開業医と病院の連携無しに、時間外診療を高点数を付与しても、救急医療は改善されません。
    患者の医療機関アクセスも、医師の開業や診療内容も自由度が高すぎるように思います。連携を重んじ医療の全体像を描きなおさなければ、今後さらに悪化する財政難に対応できないでしょう。
    ぜひ、過疎地と人口密集地及び診療科目の不均衡是正、医師同士の連携、拠点病院への人的、資金的集約をご検討下さい。

  • familydocさん 2011年1月5日 10:54

    日本でも家庭医療の実践が進んでいます
    ご参考まで
    http://www.scribd.com/doc/20418743

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件