Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.01.05

巧妙な民主党の消費税引上げ

明けましておめでとうございます。よい年になりますように!!


さて、菅総理が年頭所感で、6月までに消費税とTPPについて方向性を決めることを表明されました。おいおい、大丈夫かいと思ってしまうのは、私だけではないと思いますが・・・、今日は、ちょっと消費税について。

消費税を引き上げる場合の道筋として、これまでは「無駄を徹底的になくし、できる限り歳出削減の努力をした上で、どうしても足らざる部分を消費税という形で国民にお願いする」というのが常識でした。

その常識のもとで、小泉政権は、社会保障や地方交付税交付金も聖域とせずに歳出削減努力をしてきましたし、安部政権では、公務員制度改革などにも取り組んできました。

とにかく、ギリギリの努力をして足らざる部分をお願いする。

ところが、この戦略には一つの盲点があります。それは、歳出削減を行うと、必ず痛みを伴う人たちがでることです。とりわけ、社会保障や地方交付税交付金などの歳出に切り込むと、多くの人が痛みを伴うわけです。

この結果、「こんなに俺達にしわ寄せした上に、今度は消費税かよ」ということになって、消費税引上げはますます困難になるわけです。小泉政権が陥ったワナでもありました。

民主党は、この従来の道筋とは全く逆をいっています。子ども手当て、戸別所得補償、高等学校無償化・・・、多くのバラマキを実施して、歳出削減はほとんどしない。国民に対しては、「これだけのバラマキというサービスを実施しますが、財源が足りません、消費税をお願いします」と。

小泉政権以来の定説だと、さんざん我慢を強いられたうえに消費税で更にいじめられる、と錯覚してしまいますが、民主党のやり方だと、何となくいい思いをさせえてもらった後、このいい思いを続けるためには消費税が必要だと錯覚させられてしまう・・・。

しかし、どっちが本当にあるべき姿でしょうか。

やっぱり民主党という政党は、国民を騙すのが上手い政党だと私は思います。一皮むけば・・・、そこでペロッと舌を出している。


民主党のように、バラマキをやめずに消費税に走れば、5%などという中途半端な引上げではすみませんし、現時点でのバラマキのための引上げですから、負担は次の世代にどんどんしわ寄せされてしまいます。

自民党をはじめとする野党には、毅然と民主党の提案する消費税引上げには反対してもらわなければなりません。先ずは、バラマキをやめることだと。

この記事へのコメント

  • ももさん 2011年1月5日 19:49

    木原さん、あけましておめでとうございます。
    今年は今まで放置されてきた日本の頭脳の
    海外流出にご注意頂きたいです。
    中国のハイアールなどでは日本企業に解雇された技術者などが中国製品の開発者などに
    なっているとかいないとか???
    過去の歴史を見ても、頭脳流失した国は
    没落しています。日本も同じことにならないように・・・・・。
    技術者などは解雇されても国が集めて
    新しい産業に発展させ新しい企業を
    立ち上げられる位にバックアップする必要が
    あるのではないでしょうか?
    昔懐かしい二層式洗濯機など、洗濯物が多い家庭はすすぎ水を再利用して次の洗濯物が洗えるなどエコでもあったのに、どうしてそういうものが消され、大型のハイテク洗濯機を”補助金”で
    買い替えさせるのがエコなのでしょう?
    わけがわかりません、この国の政策は。
    国民も分かっていないで勢いや、目先の
    損得だけで動いていませんか?
    もう一度、根本的に何が大切なのかを
    見直し、守るべきものはしっかりと守るべき
    です。
    でなければ、頭脳を磨いてもこの国で生かせなければ勉強しても・・・・・、公務員になればいいや・・・、補助金をもらって・・・・と、士気が下がりぶらさがりばかりが増えますよ。か、海外に
    頭脳流失するか・・・・。日本は巨額の投資をして
    人を育てても、利益を得るのは海外・・・。

  • ももさん 2011年1月5日 19:50

    ノーベル賞の日本人受賞者も特許を取らない
    そうですが、そういう学者ばかりが増えても
    日本は投資回収も出来ませんね。
    教育、間違っていませんか?
    世界は一つなんてのんきな事を言って
    育てるから、利益も海外に流失するのでは?
    一度日本に入れてから、分かりやすく親日国
    に限って還元すべきで、(そうすれば、軍事費が
    いつかは暮らしの為に、正のスパイラルの為に
    使われると言う理想に近づくのでは?しかし、
    歴史を見ても武器のない時代などありませんが。笑)
    ただ、一部の人達ばかりが私腹を肥やしている
    のを見ると、学者たちが国よりも大勢の人達や投資家に利益を還元したいと思う気持ちも分からないではないですが。
    しかし、しかし、日本の大切な頭脳、守らなければいけませんよね。公務員を減らしてでも
    技術者は死守すべきです。なぜなら、海外で
    利用されては日本の足を引っ張る事になるから
    です。ノウハウ、技術、情報、あなどってはいけません。

  • 所沢市民さん 2011年1月5日 23:08

    以前のブログ日記で、地元支援者の言葉「おとな手当て」という言葉が未だに忘れられません。
    子供がいるから、大人がお金を貰える。
    大人が何に使おうが、国は関与しない。
    パチンコでも、酒でも、タバコでも。
    そんなモノが何故「子ども手当」なのか?
    民主党は金をばら蒔けば選挙に勝てる、日本人を騙せると未だに思っているのでしょう。
    統一地方選挙では、地方議会が「民主党」という看板からこっそり違う名前に変えているという話も聞いたことがあります。(あくまでうわさ話程度のレベルですが)
    自分達でも嘘を付いている意識があるのに、『嘘を嘘で塗り固める』という馬鹿な真似を出来るのは、民主党しか無いでしょう。
    新生自民党として、今年も活躍を期待しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件