Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.03.18

「震災復興無利子税額免除国債」の発行&霞が関移転

今朝の新聞に、東日本巨大地震からの復興財源確保のため、政府が「震災復興債」を発行して全額日本銀行が引き受ける案を検討している旨の報道があります。


復興のためには大掛かりな補正予算が必要で、そのための意思を早急に政治が示すことが必要だと、先のブログでも書きました。ようやく、そういう議論が出てきたことを素直に喜びたいと思います。政府よ頑張れ。

そこで、震災復興債を日本銀行に引き受けてもらうのは、それはそれでいいとして、一つ提案したいと思います。

どうでしょうか・・・、「震災復興無利子・税額免除国債」を発行しては。

どういう国債かっていうと、利子がつかない(震災復興のために購入者に我慢してもらう)代わりに、償還時の税金、あるいは相続時の相続税を免除するというもの。


麻生政権時代、私は、菅元総務大臣が会長を務める「政府紙幣・無利子国債を考える会」の事務局長をさせていただきました。結局、当時は、やや希策だということで、実行されませんでした。

しかし、今回は、日本が生きるか死ぬかの大変重要なとき。しかも、多くの国民が募金やボランティア活動を希望しています。

そんな皆さんの善意を無利子国債で引き受け、税額免除で報いる。

ついでにもう一つ提案。プレハブの建物でいいので、3~5年の間、霞が関を仙台に移転させて国を上げて東日本の復興に全力をあげる。逆にガラあきとなった霞が関には被災者を受け入れる。

国の心臓部を被災地に移転させて国をあげて全力を挙げなければ、東日本が立ちあがれない状況のように思います。

この記事へのコメント

  • こういちさん 2011年3月18日 14:25

    木原さんも、会社員・政治家として、激務であろうと思います。
    日本を良くする為に、絶対に必要な大切な政治家の方です。
    どうか、お体を壊されない様に、気をつけてください。
    日記の内容に関して、国債については大賛成です!
    是非、それが早急に実行開始される事を期待しています。
    霞ヶ関移転について、ひとつ気になる事があります。
    被災地では、機能崩壊や停止している場所が沢山あります。
    特にツイッターにて、被災地から、復興の為に、経済は機能している首都圏、そして東京に頑張って欲しい。との訴えが出てました。
    霞ヶ関の移転は、東京からの多く人の移動、そしてそれを支える周囲・周辺の仕事の減少が出てくると思います。
    イコール、規模はわかりませんが、東京(日本)経済への影響は無いのでしょうか?
    経済=活気 だと思うので、都内も現在、街の活気が劇的に下がっています。
    被災者支援する側にも、気力や活気が無いと、勢い低下に繋がると思います。
    賛否ではなく、一意見として発言させていただきました。
    最後に、現在燃料の過剰需要減少が起きています。
    政府も、買い占めの自粛のお願いを出しています。
    しかし、霞ヶ関・永田町界隈では、公用車や政治家関係の車と思われる、クラウン・センチュリー等の、高排気量のガソリン車が沢山走っています。
    一時的に、低排気量の燃料節約に繋がる車に替える事は出来ないものでしょうか?
    この緊急事態に、霞ヶ関・永田町だけは例外状態には、個人的に憤りを感じています。
    まずは、政府・行政・政治家がお手本を示すのが筋だと考えています。
    長々とコメントして、すみませんでした。
    何かの参考、支援に繋がれば、幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件