Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.05.29

注水中断

ブログが書けなくなってしまいました。




被災地に二回出かけて現場で汗を流し、現職議員仲間に復興の提言書を提出したり・・・。

自分は震災と原発のことを書かなければいけない、ところが、何か書こうと思うと、一体自分が考えていることは正しいのだろうか、読んでくださる皆さんに嘘を伝えてしまうのではないか、そんなことに悩む日々でした。

何しろ、政府から出てくる情報の何が正しくて何が正しくないのか、それすら分からない状況なのですから・・・。

福島原発について書いてよ、現在の放射線の状況についてブログで教えてよ、地元の方々からも度々言われてきました。しかし、自分は新聞と同じ程度の情報しかもっていない。その情報だって正しいのか全く分からない。

今回の注水中断もそうです。結局何が正しかったのだろうか・・・。総理は「注水中断」を指示したのか・・・、恐らくしたのだろう・・・


ところが、吉田所長が現場の判断として「注水続行」していたということで、うやむやになろうとしています。そして、結局何が正しい情報だったかは明らかになっていない。

いつの間にか、事の本質が、①吉田所長の現場判断が組織として正しかったのか、とか②現場での注水続行という事実が何故後になって判明したのか、とか③サミットで総理が冒頭演説しているときに判明したのは国際的信用力を落としたとか、問題の本質がすり替えられてしまう。

それどころか、菅総理は、「吉田所長の処分は必要ない」などと、このことまで人気取りに使ってしまおうという浅ましさ。それは、東電が決めること。どんなに東電が社会的信用を失っていようが、駄目な会社であろうが、社員の処分を決めるのは東電、総理ではない。

そして、注水中断の指示が総理からあったのかどうか、という問題、何が正しくて何が正しくないかという情報の真偽という問題の本質は、今回も明らかにされず。

こうして日本は問題を常にすり替え、何が本当で何が本当でないかを判断せずに、そして結局何ら解決せずにやり過ごしてしまう・・・。

これが、米国や英国であれば、すぐに調査権限をもった第三者独立委員会が立ちあげられて、大統領や首相であろうとも、厳しく検証が行われているはず。

我が国の状況は、正直中国にも劣る。

議会もマスコミも、中国の情報統制の問題を語る前に、我が国のこの状況を検証する責務があります。

今週金曜日までには内閣不信任案が提出され、成立に向けた最終的な攻防が行われます。

そのことと並行して、国会には、福島原発に関わることの経緯について独立調査委員会を設けて徹底した調査を進めてもらいたいと、再び同僚議員にお願いしたいと考えています。

落選中の身で自分は動きようがないのが、何とも悔しい・・・。

この記事へのコメント

  • 吉田明彦さん 2011年5月29日 15:07

    半月ほど福島へお手伝いに行ってましたよ!

  • ことんちゅさん 2011年5月29日 21:24

    木原先生、皆さま、こんばんは。
    私もこの二年間は胸やけと胃痛が治まらず、天変地異ともいえる世間の滅茶苦茶さ加減に現実感さえ失っていましたが、今ではこれもいい機会と捉え、日々彼らの思考性癖を楽しんでいます。
    するとどうでしょう。彼らにも長所、すなわち「寝技」「関節技」「反則技」という学ぶべき側面があり、
    「正攻法」「立ち技」は熟練されている自民党の皆さまにも、この機にこれらを必修される事を願います。
    「アリVS猪木」もそうですが、戦い方も人生も千差万別。木原先生にも、「流れる雲のように」自由に大きく生きて欲しいです。

  • 木原せいじさん 2011年5月29日 21:42

    >吉田明彦さん

  • 所沢市民さん 2011年5月29日 22:51

    木原さん、お疲れ様です。
    やはり立場上での限界というものが、どうしてもありますよね。
    どうにかしたい、でも情報がない。
    非常に歯がゆいことだと思います。
    でも、今はそれで良いと思います。
    出来る限りの事を。嘘偽りなく伝える。
    真に信頼される人というものは、そういうものだと思います。
    地道な積み重ね、頑張ってください。

  • ケインさん 2011年6月1日 08:59

    日本は民主主義なので、政治家を選ぶときには、
    自分や家族や親しい人や日本全体について、
    現在や未来を(ある意味では過去の歴史も)たくすことができるような人を、
    真剣に選ばなくてはいけないと感じます。
    もし、そういう人が見つからなかったとしても、
    自民党も民主党もだめだな、、などと思っていたとしても、
    少しでもマシな人を「真剣に」選ばなければいけない、と切に感じます。
    一方で、政治に対して有権者や識者が判断できるような材料を公開することは
    政治家とか政府の立場としては絶対に不可欠と思います。
    私たちを代表して(私たちのかわりに)行っている仕事について
    議事録を残さず、どんな経緯で決定されたのか(決定されたのかされていないのかも)
    わからないというのは、あまりにも酷いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*

最新ブログ5件