Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.07.06

東北復興ファンドを

昨日、プライベイト・エクイティ、いわゆる投資ファンドの社長さんと面会する機会がありました。
「今、数千億円規模の新たなファンドの組成に入っており、海外投資家にも接触を始めているが、海外の投資家は日本への投資に積極的になっている。アジアで日本に頑張ってもらわないと困るという認識が広まっている」という話がありました。
そう、我々は自信を持つべきです。世界は日本の復興を待っているのです。
そのために何をすべきか・・・。このブログやせいじ便りで提案しているように、「東北復興ファンド、東北復興銀行」を早急に立ちあげるべきです。
今、東北地方では、被災して放置されたままの工場や会社があります。放っておけば海外流出するのは必至の状況です。
しかも、肝心の国の支援は、政権がこのありさま・・・・。そして、今後、政治が軌道に乗ったとしても、「財源不足」に悩まされるのは必至です。民間からの資金を導入しないことには前に進めないのが現実ではないでしょうか。
あらためて提案したいと思います(既に、自民党にも政府にも具体的に提案者を持っていっていますが、再度持ち込みます)。
官製ファンドである「産業革新機構」をファンドオブファンド、つまり親ファンドにして、そこに民間の投資ファンドをいくつかぶら下げる。国のファンドを呼び水に、その数十倍の資金を民間ファンドで組成する。
反対する方もおられるかもしれませんが、投資ファンドであれば、その一部に海外資金を導入することも可能になります。
そして、そのファンドには、例えば、①産業・工場地帯の面的復興への投資、②農業の実験的大規模化への投資、③自然エネルギー・再生可能エネルギー基地設置への投資、などなどテーマを決めて、投資を行ってもらう。
産業革新機構は、経済産業省と財務省の所管、いろいろと考えていると思いますから、ちょっと接触してみようと思います。
少なくとも、せっかくの官製ファンドである「産業革新機構」が東北復興に動き出さないのは、納税者意識からは大分かい離していますから・・・。

この記事へのコメント

  • Takさん 2011年7月6日 20:04

    はじめまして。「シンガポールで働く日本人青年のブログ」というブログの管理人をしておりますTakと申します。
    「英国大蔵省から見た日本」を拝読して以来、木原先生のブログを読ませていただいております。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    私も木原先生の意見に大賛成で、何とか東北を再び再興したいと考えているのですが、
    ①~③のどれを実現するにしても、まずは税制改革・農地法改正・発送電分離など投資対象として魅力的にするための諸改革をしないとうまくいかないように思います。
    私はシンガポール拠点の投資ファンドで働いており、いろいろな日本企業の人に話を聞くのですが、
    (木原先生も重々承知かと思いますのであえて申し上げるのが恐縮なものの)、海外に比べて日本国内は
    (1)前述のような非効率な制度が多い
    (2)生産コストが高い
    (3)販売先市場としてはまだ巨大なものの、成長が見込めない
    ので、どの企業も投資対象として海外を日本国内よりも優先しているのが現状です。
    これら3つの前提条件を変えない限り、事業会社や投資ファンドのマネーはなかなか日本に向かわないように思います。
    このうち、(2)と(3)は成熟した先進国ゆえにどうしても解決が難しいですが、(1)は政府が政策を変えればすぐに変わるものなので、何とか政府にはがんばってほしいです。
    (とはいえ、少数の利権者が政策に反映され、一票の格差が幅をきかせ政策決定システムを歪めている現状だとなかなか難しいのかもしれませんが。。。)

  • ことんちゅさん 2011年7月6日 22:23

    イイですね~!未来の時間を売買するのが金融なのに、行政が主体だと尚更後退しますし、何より政策立案されている木原先生はいきいきとしていてイイッ!
    ただ、こういった状況の中では必ずそれに伴う「巨額詐欺」や「火事場泥棒」が発生しますし、外国資本の資金洗浄などにも利用されます。
    ですので、やはりこのようなファンドで扱う「復興債」は「長期債」で縛りを設けた方が良いかと。親日的で善良な資本家なら、10年、20年位なら軽く見守ってくれますしね。
    ただ、リスクマネジメントが大変そうですし、民主党政権下では何もかもが上手くいかないような気も……。ガクッ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件