Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.10.05

朝霞宿舎建設凍結②~政治主導?

久しぶりのブログ更新に対して何人かの方にコメントをいただきました。

お忘れなくお付き合いいただいて、ありがとうございました。

その中で、「朝霞宿舎の凍結はいいことなんだから、いいんじゃないの」というのがありました。

そうなんですね、「凍結」という判断は適切なものでした。もちろん、本当は「中止」がベターだったでしょうが・・・。


ただ、ここはもう一歩よく見ておく必要があるように思います。

朝霞宿舎の建設凍結は、事業仕分けの段階で「凍結」とされ、それを当時の野田財務大臣が昨年末「凍結解除」を行い、そしてこの9月から既に建設が始まっていた。

そして、こんな時期に「建設開始かよ」という声が国会でも幾重にもあがったけれども、僅か数日前まで、野田総理も安住財務大臣も「建設は妥当」として国会で答弁していたのです。ところが、突然の「建設凍結」!!

この判断の変化の裏にあるものは何か。

総理は、大震災があったという状況変化であるとか、国民感情の変化をあげているのですが、それを言うのであれば、僅か数日前の「建設は妥当」との国会答弁はなかったはずです。

要するに、役所から大臣が総理にあがってくる発言要旨が変わったということ、もう少し厳しく言えば、役所が「建設凍結」にゴーサインを出した、ということです。

この政権は完全に役所のコントロール下にあるということです。

ま、「政治主導」、「政治主導」と能力もないのに役人を押さえつけて国をボロボロにした菅政権に比べればよっぽどましですが・・・。

ただ、この世界同時不況下で「増税」、しかもその規模を先に決めてしまうセンス、この役所のセンスだけは政治の力で変更してほしいものです。

この記事へのコメント

  • さくちゃんさん 2011年10月5日 09:08

    朝霞宿舎の凍結良かったと多くの国民が思っているでしょう。 私もその一人です。テレビや新聞を見ていると、何やってんの!バカじゃない(ごめんなさい)と思うことが多々あります。今、お遍路に行っている方も…なぜ今?パフォーマンスにしてはお粗末すぎです。四国に行くより、在任中たいした事をしていないのだから、東北の被災地にボランティアに行くなど出来なかったのでしょうか?きっと、そんな庶民的な考えはとうの昔になくなってしまったのでしょうね↓でも、庶民の気持ちを忘れてしまった議員さんは多いです。国民の為の政治をして頂きたいです。
    木原先生は前回のブログで、被災地に本や文房具などを届けに行くとありましたが、いかがでしたか?私もボランティアに参加したいと思いましたが、学校で文房具や折り紙などを集めて、被災地に送る事ぐらいしか出来ませんでした。もし、また被災地の子供達に本や文房具などを届けに行かれる事がありましたら、是非お知らせ頂けますか?少しでも協力できたらと思います。

  • 違うさん 2011年10月20日 15:11

    違う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件