Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2012.11.17

衆院解散!!~今こそ政策だ~

いよいよ衆議院が解散されました。



あらためて「争点」は何だろうかと考えてみると、経済、外交、エネルギー問題、様々な問題があります。個々の争点については、ブログ更新ができなくなる12月4日の公示日まで、一つ一つこのブログで触れていきたいと思います。

しかし、そうした個々の政策課題と同様に大切な争点は、政治の在り様ではないかと思います。政策の議論は横に置いておいて、スローガンを掲げて、派手なパフォーマンスをして、大上段に構える政治から脱却していくこと。政策本位、政策の中身で勝負する政治に転換していくこと。そして、国民の皆様にも、その視点で選んでいただくこと。

何故、「官僚支配」を打破できないのか。結局、政治家がしっかりと勉強しないで、パフォーマンスとスローガンの政治に明け暮れているからです。

政治とは「政策」です。そして、政策とは、「作り」、「実行」するもの。そして、政治における「政策」とは法案であり予算案です。政治家は、自ら「政策」を作り、実行することができる存在でなければなりません。法案の骨子を作り、いざとなれば、自ら条文を書けるだけの見識、経験がなければなりません。そして、そのために猛烈に勉強していなければなりません。ところが、現在の政治は、政策作り、実行のほとんど全てを官僚に依存している。

だから、いつまで経っても官僚支配から脱却できないのです。

そのことに気付かずして、自らはほとんど勉強も努力もせずに、官僚叩き、官僚批判を展開しても何ら変わりません。

その意味で、「第三局」と言われるものが、税の在り方をめぐる立場の違い、エネルギー問題をめぐる考え方の違い、あるいは憲法観の違いなど、最も大切な「政策」を度外視して、「官僚支配打破」というスローガンでまとまろうとすることに大変な違和感が私にはあります。

それは、結局、「政策」という最も大切な、政治の根幹をかなぐり捨てて、「官僚支配打破」という、本来、政治家が自らちゃんと勉強して努力していれば、争点にも、あるいはスローガンにすらならないもので国民を煽ろうという、悪しき姿だからです。

こんなことをしているから、結局、政治がなめられる。

だってそうじゃないですか。仮に政権を取っても、消費税はどうするのか、エネルギー問題はどうするのか、憲法の改正手続きはどうしていくのか、政策が定まらず、政権内で割れる立場を、官僚が御丁寧に修正、つぎはぎしてくれる姿が手に取るように見えているのです。

「官僚支配脱却」をうたったのに、官僚に支えられる。「政治主導」をうたったのに、歴史上類のない「官僚主導」に陥ってしまった民主党と同じ轍を踏むだけです。

「そうだ、やっぱり政策だ」、私はひたむきに政策を訴えてこの選挙戦を戦っていきます。

この記事へのコメント

  • ★umachan★さん 2012年11月17日 08:49

    とうとう…始まりましたね。
    昨日のテレビを見ると…
    ふと感じたのが…解散した時に
    何故、万歳をするのかな!
    そんなに嬉しい?
    まるで国民をバカにしてんじゃない!
    貴重な時間を割いて選挙に行く…
    政党がしっかりとすれは…
    いつになったら安心した暮らしができるのでしょうか?
    前回の選挙…民主党のマニフェストは…出来もしない事…子ども手当…国民を騙して
    まとまりのないコメントになりましたが…
    自民党のマニフェストを掲げる時は国民にわかりやすく軸がぶれないマニフェストにしてください。
    このままだと…危ないですよ。
    暴言書いてすいません。
    頑張ってくださいね。
    期待しています。

  • 木原せいじさん 2012年11月17日 09:49

    >★umachan★さん
    仕事をしてなんぼです。政治に限りませんが。

  • うさりんさん 2012年11月17日 10:23

    木原さんの出演された日いづる国より拝見させて頂きました。
    スパイ防止法と中央情報局の設置を是非実現させて下さい。
    応援してます。

  • ことんちゅさん 2012年11月17日 11:30

    今の日本に、この時を待ちに待ったという人が一体どれほどいるのでしょうか?木原先生もその最たるお一人だと思いますが、かといって、この悪夢の3年から目覚めることだけで一息つくわけにはいかない状況なので、矢継ぎ早に国益政策を放っていただきたいです。
    第三極の結集にも見られるように、時代は木原先生のおっしゃっていたような「政策による離散集合」へと突入したようですし、今度の総選挙は前回のような狂気の沙汰にはならないでしょう。ですから、今回の主張のような明確で分かり易い純化政策を声高に唱えられることこそが結果に繋がると思います。
    勿論、今は高度情報化時代ですので、SNSやブログ、パーソナルメディアでの発信力も必要不可欠ですが、何より木原先生の「生声」と「情熱」を直接有権者に伝えきることが、より求められると思います。国会で再び論戦の舞を踊られ、政策の華を咲かせられる日々を心待ちにしております。

  • rono-renriさん 2012年11月17日 21:51

    初めまして。
    なりふり構わず「権力」を得ようとする第三勢力という頭の痛い存在もあり、安堵はできませんが、まずは解散・そして「選挙」という動きができて大変よかったと思っております。
    この3年半。先生たちはもちろんの事と思いますが、一日千秋の思いで国政を案じたいました。
    谷垣前総裁のご苦労が本当にありがたく、是非このチャンスを生かして、先生に頑張っていただきたいです。
    いい選挙になるように、陰ながらネットの世界から応援させていただきますが、
    安倍総裁が前政権の時に行った教育改革によって、地域の公立学校の様子がその実どうなっているのか、教育委員会や評議委員の目ではなく、
    この3月まで先生の地元の小学校に子供が通っていた関係で観てきたこと、保護者たちの視線や
    地域活性や都条例の事。
    それ以外の国政に関しても、お話ししたいことがたくさんあります。

  • 木原せいじさん 2012年11月21日 10:55

    >rono-renriさん
    本当に谷垣前総裁には感謝です。是非、現場の目線、実態、教えてください。

  • 狭山丘陵さん 2012年11月21日 23:45

    建設業界に例えてみたいと思います。
    政府は建築会社。
    総理大臣は社長。
    閣僚は現場監督。
    国会議員はスタッフ。
    官僚は職人。
    どこが欠けてもまともな建物は建ちません。
    職人の仕事を監督が出来る必要はないです。
    また職人は監督の指示に従うべきです。
    どちらもプロであるが故に生じる食い違いを双方から埋めればよいのです。妥協せずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件