Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2012.11.25

TPPについて考える

最近、マスコミからの候補者アンケートがたくさん事務所に届きます。

いつもながら、違和感を覚えるのは、ほとんどのアンケートが二者択一型になっていること。

典型的なのが、「関税を原則撤廃するTPPに賛成ですか、反対ですか」、「消費税増税に賛成ですか、反対ですか?」、「2030年代原発ゼロに賛成ですか、反対ですか?」といったものです。


しかし、そんなに簡単に割り切れるものなら、政治なんていらないんですよね。

例えば、TPP

私は、どこのどの政治家よりも自由主義経済論者、自由貿易論者ですが、ことTPPについては、疑問をもたざるを得ないと感じています。その理由をいくつか挙げてみます。

第一は、TPPに入ることのメリットを感じないからです。もともとTPPを菅元総理が最初に言い出したときの理由は、「アジアの成長を取り込む」というものでしたが、アジアの成長センターであり、アジア市場の4分の3を占める中国も韓国もインドネシアもTPPには参加していないのです。アジアの国々でも参加しているのは、シンガポールやブルネイといった、どうみても、日本からの輸出が劇的に増えるとは思えないような国々ばかりで、「アジアの成長を取り込む」とはほど遠い状況です。



第二は、ということは、TPPは基本的に対米国の問題ということになりますが、TPPで日本から米国への輸出が増えるのかというと、甚だ疑問だということです。多くの製造業は既に米国での現地生産に軸足を移していますし、輸出倍増を目指すオバマ政権が日本からの輸出増加を黙認するとは、到底思えないからです。



第三に、メリットが見えないなかで、デメリットは大きいと感じるからです。デメリットの一つは日本の農業への打撃ですが、それ以上に大きな打撃が、例えば、公共調達の分野や医療分野、司法分野などに現れる可能性があります。



第四に、「バスに乗り遅れるな」という脅しともいうべき理由に違和感があります。中国や韓国あるいはインドネシアといったアジアの大国が既にバスに乗っているのであれば、それは乗り遅れてはいけませんが、そうではないのですから、バスは日本が間に合わなければ次の停留所で待ってくれるはずです。

あるいは、日本という上客が乗り込まなければ、運転手のアメリカもすぐには発車できないはずです。



第五に、そういう状況にもかかわらず、日本が参加すれば、米国と他のアジア諸国が手を組んで、日本の市場開放を求めてくることは明らかです。

繰り返しますが、私は、誰よりも自由貿易論者、国内市場開放論者ですが、TPPに諸手を挙げて賛成というわけにはいかないと感じています。

要は交渉次第ですし、日本が入れない限り、米国にとってはTPPは意味がなくなる以上、強い態度で交渉に臨めばいいのだと思います。

この考え方は、、アンケートでは、賛成ということなのでしょうか、反対ということなのでしょうか、いつも判断に迷うのです。



この記事へのコメント

  • ことんちゅさん 2012年11月25日 08:52

    木原先生のおっしゃることで、「TPP」という複雑な課題が更に深く理解できました。そして、マスコミのアンケートなどで急造される「にわか仕立ての世論」とやらが、いかに的を射ていないかも痛感しました。
    時代が急速に進み、ブログやSNSなどのパーソナルメディアがここまで発達しなければ、私達はそれらに隠されている大きな本題に気付かなかったままなのですね。いやはや恐ろしいことです。28日は応援に馳せ参じます!

  • 果樹屋さん 2012年11月26日 10:34

    正しく木原さんのおっしゃる通りだと思います。
    マスコミの殆どが、あるいは現実を気にしないで理想ばかり言う経済学者はTPP推進を謳ってますが、木原さんの言うような内容をキチンと説明してませんよね。終いには農家を悪者にするがごとくの報道!「農家の中にも、先鋭的な企業的経営を行ってるところでは賛成なんだ」って声を取り上げ、そういう経営のできない農家は勝手に自滅しなさいという流れに持っていく。軟弱野菜や果物のように非常に手間のかかる大規模化の難しい作物を作ってる農家はどうするんだ?日本人は今後そういった物は食べないということでいいんですね!と、多くの消費者に言わなきゃイケナイと思います。

  • yaegaki-himeさん 2012年11月29日 08:42

    木原さん 私のブログで熱烈応援を要請しているので伺いまして この記事を拝見しました。明々白々なのですから断固反対でよろしいでしょう。ラチェット条項とか見ても明らかに奴隷になるための足かせ手かせで 一体何が悲しくてこんなもんを検討するのかと。一顧だにする価値ありません。むしろこんなものをまともに議論することが今の日本がいかに狂っていて危険であるかと寒気がします

  • カムイさん 2012年11月29日 14:38

    どういうことなのかわからないでTPPでこうしたいああしたいと言うのは無責任。結局アメリカの治外法権国家になるというのに。

  • うさりんさん 2012年12月1日 05:44

    タイトルにも書きましたがTPPであれFTAであれ
    ラチェット規定とISD条項に危険を感じます。
    特にISD条項では、一企業が国家主権と同じ土俵に上がってしまう構図になりかねないのは行き過ぎだと感じます。現に韓国とアメリカのFTAで早速、韓国は訴えられましたし、カナダもアメリカに訴えられて国内法の方を撤廃したと聞きました。これは主権に係る問題だと思うのですが、その辺りが党首討論等を見ていても議論されないので不安は拭えません。私の認識が間違っていたらすいません。

  • 立教大学の学生さん 2012年12月1日 23:39

    日本は、戦前、悪いことをしたことを認めるべきです。
    戦争反対。
    日本軍は、悪行三昧したから、今の日本は、
    ダメなんだとわかる。
    日本人は、色々。
    原爆落とされて、まだわからないのかな?
    戦争をやめなかった日本に責任あります。
    国民より、
    西日本の人達が戦争を起こした張本人です。
    世界から総スカンだよ。
    日本人は、好かれない。
    日本は、戦争したから、好かれない。
    反省必要です。
    貴方も反省必要です。

  • 20区住民さん 2012年12月12日 15:37

    TPP危険ですね。
    アメリカに押し付けられて良かったことはない。日本を弱体化させる為のものに思います。
    これ以上、日本人の給料が下がれば、少子化も益々進みます。物価が下がるメリットよりも日本のルールを崩されるデメリットが大きい。物価が下がると日本への移住希望の外国人にとっては暮らしやすいかもしれないが、国民は疲弊して希望が持てないところまできている。
    絶対に阻止して欲しいです。
    マスコミが維新など持ち上げているけれど、真意は伝えておらず、無責任な事を言う議員も増えて信用できる政治家がわからないのが今の現状だと思います。
    木原さんには期待しています。
    ぜひ頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件