Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2012.11.29

「少子高齢化・人口減少」問題について


先日の青年会議所公開討論会にての一つの論点が、少子高齢化・人口減少社会への対応でした。今回はブログで少々整理したいと思います。

<短期的視点>

自分の結論は、短期的には、少子高齢化は止められないし、人口減少も止められない、したがって、少子高齢化・人口減少を所与として、様々な政策を打っていくということです。

そして、「短期的な問題は深刻だが、乗り越えられないものではない」ということ。

問題が深刻であることは、ほぼ社会的共通認識になっていると思いますが、乗り越えられるかどうかということについては、様々な見方があると思います。

人口減少社会が日本にもたらす最大の課題は、労働者人口の減少です。確かに、人口減少とともに、生産年齢人口も減少していきます。しかし、本当の問題は、生産年齢人口のうち、実際に働いている人の数です。つまり、就業率がどのように推移するかということ。

実は、1990年代初頭の就業率は65%近くありました。それが、足元では、50%台前半まで下がってきています。就業率低下の最大の原因は、景気の悪化、経済の減速です。

私が経済にこだわるのは、そのためでもあります。

少子高齢化問題を解決する一つの道が、やはり経済成長なのです。景気を回復させて、若者の就業率を上げていくことが必要です。

あわせて、まだ活用されていない、眠っている労働力、例えば元気な高齢者の皆さん、そしてより重要なのは、女性の就業率を上げていくことも大切です。

<中長期的視点>

実は、この女性の就業率を上げていくことは、少子高齢化の中長期的課題である「出生率を上げる」という問題と、表裏一体です。

出生率が上がらない大きな要因は、女性にとって、子どもを持つことのコストが非常に高いことです。もちろん、実際の子育てコストもそうですが、子どもを持つことに伴い失うもの、つまり逸失利益はもっと大きいということです。

例えば、大卒の女性が、28歳から35歳までの間に二人の子どもを持つとなると、28歳から35歳までの間の給料約3000万円程度をあきらめなければなりません。更に、仮に35歳で復職しようとしても、かつての立場で戻ることはなかなか難しく、1億5000万円近い給与を失うことにもなります。

逸失利益は恐ろしく大きく、子ども手当数万円で賄えるような規模とは桁が違うということです。



だからこそ、保育所の整備など、女性が働きながら子育てができる環境の整備こそが大切です。

この記事へのコメント

  • あれっくすさん 2012年11月30日 09:16

    既婚者、子持ち、仕事持ちの私。女性が何故結婚しなくなったかわかる気がします。保育園も37℃を越えると預けられない、仕事を休めばいい顔されない、夫婦の協力にも限界があり、夫の会社にも相当の理解がないと無理。まだまだ社会は男性上位ですから「子育ては女房の仕事」と考える企業がほとんどではないでしょうか?
    子どもが高校生になっても保護者会、面談など母親として関わらなければならないことがいっぱいあります。
    そんな状況の今、女性が結婚しないでいるほうがいいという選択をするのは仕方のないことでしょう。

  • さん 2012年11月30日 09:47

    グローバル視点でこの問題を考えてみてほしいです。もっと違った解決方法もあるようなきがします。

  • 木原せいじさん 2012年11月30日 12:32

    おっしゃる通りですね。グローバルな視点も含めて更に考えてみます。

  • あかさみさん 2012年12月1日 00:31

    今年清瀬に引っ越して来ました。
    今回の選挙、木原さんに注目してます。
    さて、少子高齢化問題ですが、皆さんがこれを「問題だ」と言う事は、少子高齢化が国家にとって悪いと言う事なんでしょう。
    その根元は結婚率と出生率の低さです。要するに独身者の増加が大きな原因になっているとも言えます。
    極端な発想かもしれませんが、既婚者と子供は将来の労働力を生み出す訳ですから、独身者は多めに納税しこれを支える。結婚して子供を育てる方が生活が楽で幸せだと感じる社会にしなければこの問題は解決しないと思うのは僕だけでしょうか?
    今後こういう極端な政策も必要になってくる所まで日本はくると思います。
    今後日本は経験した事のない少子高齢化の時代に突入します。ありきたりな経済対策などで乗り越える事ができるのか疑問です。わかりやすくダイナミックな改革を期待します。
    木原さんの考え方は嫌いではありません。
    頑張ってください。

  • 2269さん 2012年12月1日 23:03

    日本全国の古墳=墓
    韓国の古墳
    小沢一郎韓国ソウル大学公式会見
    見た?
    四年前に天皇は自分は韓国人だと公式会見
    談話発表宮内庁認める。
    長崎県対馬市の伝統祭はアリラン祭です。
    対馬市の長崎市民の伝統祭です。
    古墳時代~奈良時代迄の服は、朝鮮の服です。聖徳太子は着ていました。
    朝鮮の服を着ていました。奈良県の法隆寺の百済観音堂に入って見学して見て下さい。
    聖徳太子が朝鮮の服を着ている姿がわかります。
    聖徳太子は朝鮮百済の皇太子です。
    日本書記に書いています。
    1300年前の書物に記されています。
    日本全国に古墳がありますから、韓国と同じです。
    しかし、日本は、国が主導権を持った方が、
    いいと思う。
    愛国心必要
    自立心を持たせる事です。
    改革必要
    改憲支持します。

  • いわかんさん 2012年12月1日 23:04

    とても良い講演会でした。震災で傷ついた人たちへの支援が必要なこと。これからの私たちがしなければならないこと、考えさせる内容が多々ありました。中学生、小学生の発表も良かったです。
    ただ、選挙公示前とはいえ、細渕氏、渡部氏によって繰り返された「木原誠二氏云々」という発言に違和感を覚えました。
    自民党の集会に小学生、中学生を利用しないで下さい。
    教育委員会を私物化しないで下さい。
    昨今東村山は外部からの移住者が多く、保守的な地主、農民だけではありません。市民を馬鹿にしないで下さい。誰だって違和感を感じますよ。

  • 立教大学の学生さん 2012年12月1日 23:12

    徴兵制度は、心と体を鍛える意味で必要です。憲法を改憲支持します。
    国が主導権を持つようにすべきです。
    国民に愛国心を植え付ければ、いいと思います。
    日本を1つにして下さい。
    徴兵制度は戦争の意味でなく、国を大切にする精神です。
    天皇は大切にすることが必要です。
    君が代国歌斉唱必要です。
    国歌国旗掲揚必要です。

  • みきさん 2012年12月3日 00:26

    こんばんは。
    はじめて投稿します。
    私は東久留米市在住です。
    安倍さんが総裁になり自民党党員になりました。
    私は日本の政治家がとる政策が高齢者優遇になるのは20代から40代の有権者の投票率の低さも少なからず起因していると思います。党員になることで若い世代も政治に関心を示しそれを政治家にアピールしていくことが大切なのではと感じるのです。若者が多く納税できるようになる政策を政治家に通していただきたいです。
    木原先生は40代の若さがあります。国会に
    でていただき若者の代表として頑張ってほしいです。ブログは若者の読者が多いため、もう少し更新していただければ嬉しいです。
    山本一太先生のブログは毎日読んでいます。
    安倍政権になるために自民党を応援します!!

  • 木原せいじさん 2012年12月3日 10:41

    >みきさん コメントありがとうございました。若者が活躍できる日本、皆さんと一緒に作っていきたいと思います。ブログもっと更新します・・・、といいながら明日からは更新できなくなります(/o\)。何にしても頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件