Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2013.05.06

出張報告② ~英語&セキュリティー~

 今回の米国出張で感じたもう一つ大切なことは、やはり英語で対応するということの重要さです。

 今回は、例えば、ラムズフェルド元国防長官、シーファー元駐日米国大使、ミネタ上院議員をはじめとした政治家の方、ブルッキング研究所のブッシュ上級研究員、戦略国際問題研究所(CSIS)のグリーン学長をはじめとした学者の方など多くの方とお会いし、最終日には、コンファレンスでパネリストも務めたわけですが、通訳を入れずに全てを英語で行いました。

 いずれも厳しい議論、質問がありましたが、日本語なら、上手くごかましたらり、かわしたり、話題を変えたり・・・、しかし、英語だとごまかしがきかない、少しでも論理的飛躍や飛躍があると、隠しようがありません。

 日本語では説明できても、英語になると・・・、そういう時は、やはり我々の政策に若干の隙があるということで、その意味で、政治家が、時として海外に出て、日本語でない言語で、日本のことを説明し、議論することが大切だと感じました。

 実は、政治家になって8年、海外に出たのは今回がようやく3回目で、しかもGW中に海外に出たのは初めてのことでしたが、今後は多少、そういう機会も増やしていきたいなと考えております。

 もう一点、セキュリティー。やはり米国はセキュリティーが厳しい。

我々のようなペーペーの議員はともかく、大臣クラスでも国務省や議会に入るには厳しいセキュリティーチェックを受けていました。ちょっと面白かったのは、日頃チェックする側でチェックされることに慣れていないからでしょうか、大臣クラスの方々に付いてきているSPの方が一番長くセキュリティーにひっかかってしまっていたこと。

 それはそれとしても、ちょっと考えてみると、日本では、こういうことは無いのではないでしょうか。米国の大臣クラスとそのSPを役所や国会の入り口で長時間セキュリティーチェックしたら、「大変だ」、それが日本人の感覚。


 やはり日本人はお人好し過ぎるんだよな・・・、あらためて実感した、SPのセキュリティーチェックでした。

この記事へのコメント

  • j.kさん 2013年5月17日 22:42

    日本と米国とのお国柄の違いでしょうか。
    全ての日本人が英語で表現する事が難しい様に、外国人が日本語で表現する事が難しいと思います。失礼なコメントで恐縮ですが、もう少し日本を背負う気概を持って仕事をして欲しい。日本国の国政を担う議員として、民意を持って再選された自覚を持って仕事して頂きたく思い次第です。現憲法の下の連合国からの脱却を一番の期待で待ち望んでおります。どうかよろしくお願い致します。

  • 佐藤さん 2013年6月5日 17:33

    毎日お疲れ様です^^
    自民党で7月に切れる日韓スワップを延長する方向で検討されているようですが、断固反対です!
    中韓軍事協力拡大なんて記事も出てきましたが、仏像も返さず、世界のあちこちで日本・日本時を陥れる国に、なぜ日本側にメリットもないスワップ延長をするのでしょうか?
    スワップ延長の日本側のメリットは何ですか?
    竹島返還の約束が取り付けられたのでしょうか・・・
    渡邉美樹氏参院選擁立とか、与謝野氏復党検討とか、自民党、ヘンです。
    参院選、自民党へ投票する気持ちが減りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件