Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2017.10.08

アベノミクスの加速で景気回復・デフレ脱却を実現

 

アベノミクスがスタートして5年、成果は特に雇用面で顕著です。有効求人倍率は1.52倍、正社員でも史上初めて1倍を超え、若者の就職内定率は過去最高となっています。その背景にある企業収益も過去最高で、この5年間で26.5兆円増加しています。この結果、景気回復は、戦後高度成長期の「いざなぎ景気」を抜いて戦後2位となる長さで60か月弱継続しています。

 

しかし、実感が伴わない。何故か?

 

「いざなぎ景気」の時と比較して明らかなのは、①経済の供給面から見ると、人口減少社会を迎えて、労働投入量が劇的に増加しない中で、生産性の向上が十分でない、②経済の需要面から見ると、個人消費の盛り上がりが十分でない、ということに集約されます。

 

そして、この二つの要因の背景に共に存在するのが、「少子高齢社会」という現実です。この「少子高齢化」という壁にしっかりと立ち向かっていく気概を、公約の3本目と4本目の柱である「生産性革命」と「人づくり革命」の二つで示しています。

この記事へのコメント

  • 諏訪さん 2017年10月8日 17:10

    国内でお金を回すことが一番の景気回復策だと思います。「メイドイン外国」を買えばそれだけお金が外に流れます。国産度合いを示す基準を設けて表示させるようにしてください。基準の上限は設けず、工夫して国産度合いを競争して上げるようにしましょう。日本で取れた野菜と肉で作った惣菜だとしても、作った工場の労働者が日本人か、野菜の肥料は国産か、飼料は国産か、燃料は輸入した石油なのか国産のメタンハイドレートなのか、などなど生産者と消費者が意識して国産度合いを高める仕組みを作ってほしいです。食品に限らず住宅でも自動車でも、日本製の物を使えば使うほど表示できるレベルが上がるようにするのです。国内の生産消費が進めば仕事が増え、賃金も上がります。余剰生産は安く輸出すれば国際競争にもつながります。御一考ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件