Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.09.25

自民党総裁選挙

 自民党総裁選、あまり盛り上がっていないようです。

 かつてのように、自民党総裁が総理になるわけではありませんから、当然といえば当然ですが・・・。

 それでも、自民党が健全野党として民主党とは異なる軸をしっかりと打ち立てられるか、重要なワンステップであることは間違いないと思います。

 私は一党員として、河野太郎さんに一票を投じようと思います。

 これからの自民党は、野党として小沢民主党と政策論争を展開していかなければなりません。論戦に強く、突破力がある河野さんに、期待したいと思います。

 また、民主党は、国民の皆さんに税金を一律に分配する政策に重点を置いています。しかし、資源が乏しい日本が、これから更に激しくなる国際経済競争の中で、豊かさを保っていくには、やはり経済のパイ自体を大きくする健全な成長戦略が不可欠です。そういう成長戦略を一番明確に示しているのは、河野太郎さんのように思います。 


 同時に、河野太郎さんに総裁になってもらうことで、世代交代も進めてもらいたいと願っています。

 ブログのコメントの中に、世代交代ばかりとのご指摘もいただきました。全くご指摘のとおりで、世代交代だけで何かが変わるわけではありませんし、世代交代が唯一の方法でもありません。むしろ、危機時こそ、過去の経験から学ぶことも大切です。

 しかし、どんな組織でも、失敗があったときに、世代交代、人心一新を一度は検討するのが、常道のように思います。

 

 とりわけ、政治の世界は放っておくと世代交代が進まない世界です。小沢一郎さんが自民党幹事長だったのは1989年、あれからもう20年たっています。森喜郎さんが幹事長だったのは1993年、あれからもう16年。20年近く、トッププレーヤーが変わらないというのは、どうなのかなと感じます。サッチャーさんやブッシュパパやミッテランさんがまだ活躍しているようなもので、やはり違和感があります。

 もちろん、それだけ若手がだらしないということも言えます。だからこそ、河野太郎さんには、頑張っていただきたいなと思っています。そして、総裁にたどりついたら、先輩方の経験も取り上げる度量を見せてもらいたいなと・・・。

 さて、テレビの取材の中で、秘書団に発した言葉でお叱りをいただきました。

 自慢することではありませんが、私の事務所は資金的にあまり余裕がありませんでした、というよりもカツカツの状態でしたので、秘書の皆さんには、とりわけ若い秘書さんには、それこそ最低賃金ギリギリで朝から晩まで仕事をしていただきました。その若い秘書さんたちに私が常日頃言っていたことは、2回、3回と当選していけば、私の政治信条や政治姿勢に共鳴していただける方も増えて、個人献金も増えていくと思う、そうなれば将来給料を上げることも可能になるから、一緒に頑張ろう、ということでした。

 しかし、落選という結果で、秘書の皆さんにもう少しよい給料を支払うことはかないませんでした。というよりも、秘書団を維持すること自体が困難になってしまいました。

ちょっとでも給料を上げて、少しでも楽な思いをさせてあげられなかったのは、事務所の責任者として申し訳なかったなと、そんな思いでした。

 いずれにしても、不用意な発言でご不快な思いをさせてしまったことには、お詫びいたします。

 民主党政権、順調な滑り出しのようです。だからこそ、なおさら、自民党もしっかりとした総裁選を戦っていかねばと、在野から想いを強くしております。

この記事へのコメント

  • 5963さん 2009年9月25日 19:05

    山本一太先生などのブログを見ると総裁選の流れが分かりますね。古い自民党体質になっていただきたくないですね。40代の総裁実現のために世代交代は必要です。

  • ろーりんぐそばっとさん 2009年9月25日 20:31

    いつ決まるのか
    よくわからん

  • 香那絵さん 2009年9月26日 00:50

    色々な芸能人さんの方々やまた政治家さんの方々のブログを読んでいて、やっぱりいつも思う事は、誰でもそうなのですが、色々な競争やまた試合に負けたり、失敗するからこそ、また初心にかえって、新たなスタートな気持ちで、また今度は次は絶対に同じ過ちや失敗を繰り返さないぞとそう思ってやって行くものだと思うし、それに自分自身も最近、やっとようやく株にはあまり全く全然そんなに興味ないものの、色々なお仕事の雇用保険や生命保険や政治や歴史や伝統や文化等々、様々な事を追求して、研究して、お勉強するようになりました。だからこそ、私自身も自民党さんと似たように同じ事を言えるのですが、せっかく民主党さんも政権交代したばかりで、どういう方向にこれから向かっているのか、また自民党さんと同じ二の舞を踏むのかと、何だか、あまりにも危なかっしくって、煮え切らなくって、もう本当に凄く、同じ国民の気持ちや思いを考えるとついヒヤヒヤ、イライラしてしまいます。本当にこのままでは、日本が、次の若い世代の人達が、本当に凄く、危ないというそういう危機感に今、まさにほとんどの人達がおちっているんだとそう思います。色々な人達の考え方や思い、それぞれに様々に個々にあるかとは思いますが、自分自身もこのまま民主党さんが、自民党さんと同じ道を行くなら、あえて、自民党さんを応援したいなぁってそう思いました。自分自身には、皆さんと変わってあげる事やまた何もしてあげられないかもしれないけど、また選挙の投票があるその際には、絶対に自民党さんに今度は入れに行きます。

  • カウンセラーさん 2009年9月26日 12:02

    これからが、「本領発揮」ですね!
    お身体、ご自愛ください。

  • ちゃんちっぷさん 2009年9月28日 16:51

    河野さんも若手とはいってももう46歳!!自民党で若手というとこの年齢かと思うと…やっぱり世間とのギャップを感じます。
    総裁選で足りなかった議論は、党の運営への言及でした。理念等は言ってました。しかし運営体制、例えば党機構改革を具体的にどう進めるのか、事前審査制をどう考えるのか、党4役体制をどう変えるのか、若手の育成をどうすすめるのか等を、これまでの反省に立って議論してほしかった。世代交代は良いが、組織のリーダーになるのだから、もっと組織に響くメッセージを発しないと(具体論)、世代交代だけでは総裁には任せられないです。
    それから木原さん、テレビは使いようですよ。良い時は良いけど、悪い時は悪くしか編集されない。しかも悪く編集されるのが大半です。記者なんかに惑わされず、地道にやってください。調子に乗ってため口で受け答えとかしないでくださいね。底が見えちゃいますよ!

  • kenさん 2009年9月28日 21:32

    木原さん元気にしてますか?
    炎天下の中、自転車で回っていたお姿が、目に焼きついています。
    木原さんを 応援しつつ、自民党が野党になることを、望んでいた自分もいました。
    自民が、改革されるのは、どの位かかるのでしょうか?
    じいさん達、厄介ですが、正義は勝ちます。誠二も勝ちます。がんばってください。

  • 事務局長復活さん 2009年9月30日 21:49

    8/30 自民党は、勝ちすぎましたね。来年の参議院選で惨敗しないと分からないようです。参院選は、自民壊滅、民主微減、みんなの党大躍進で決定ですね。
    「渡辺喜美を総理にする会」の事務局長」も参院から立候補したら如何ですか?動くなら、早い方が良い。

  • たーさん 2009年10月1日 07:12

    私も河野さんが自民を復活させるには適任だと期待していましたが…残念です。一庶民の意見ですが、これで自民の政権奪取は10年近く無理な気がします。
    自民党も「国民」のためにしっかりして欲しい。
    民主党に見習うべき点もあると思いますよ。
    しかし自民党も頑張って下さい!

  • 蔵人さん 2009年10月4日 00:43

    4年後の復帰は有り得ません、ここで動かなくては政治生命は終わります。
    一刻も早く、みんなの党に合流してください。

  • kaさん 2009年10月11日 23:27

     木原さんに歳も近く選挙区に住んでもいますが、木原さんみたいなちゃんとした方は離党して
    党を立ち上げるとか、ほかに合流とかがいいのではという気がします。
     正直は自分はここ15年以上自民党には入れてませんしこれから入れることもないでしょう。
    アメリカの言いなりの自民党に入れる気はないし、自民党はしがらみがいろいろありすぎて、
    あの党にいても木原さんみたいな人はもったいないと思いますよ。河野さんとか離党して党を作ったらいいと思いますね。
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件