Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.22

党首討論 & 舛添新党

 昨日、党首討論が行われました。

 谷垣総理、なかなか迫力ありましたね。ただ、中身てきには、「なるほどね」とうなるような議論はなかったかな・・・。

 そんな中で気になったことが一つ。

 総理が、腹案はあるが、先ずはアメリカの了解を得る必要があるので、今アメリカに打診しており、現時点では公表できない、と発言された点。

 これって、ちょっと変ですね。本来は、地元の理解があって初めて、つまり国内をしっかり固めてから米国にあたるべきですよね。足元を固めずに外交はできないわけで・・・。

 とりわけ、民主党は、野党時代、自民党に対して、米国の言いなり、地元軽視とさんざん批判してきたのではなかったのか・・・、首をかしげざるをえません。

 そして、夕方には、舛添参議院議員が自民党を離党、新党結成とのニュースが飛び込んできました。

 うーん、渡辺喜美衆議院議員が自民党を離党、みんなの党を結成したときとダブって見えます。

 要するに、人気ものや、ちょっと「とんがった」、「極端」な発言や行動をとる人が出てくると、党内のベテランや執行部といわれる人が、次第に外堀を埋めていって、そういう人がいずらくなるような状況を作ってしまう。

 梯子を外してしまうわけで、結果的に、本人が望むと望まざるとにかかわらず、党内にいられなくなるようにしてしまう。

 本当に残念です。本当は舛添さんのような人を呑み込んで縦横無尽に活躍してもらうようにするのが、執行部の力量であるべきなのに、それができていない。

 

こんなに力を分散させて、本当に民主党に対峙できるのか・・・、引き締めていかなければなりません。