Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.22

党首討論 & 舛添新党

 昨日、党首討論が行われました。

 谷垣総理、なかなか迫力ありましたね。ただ、中身てきには、「なるほどね」とうなるような議論はなかったかな・・・。


 そんな中で気になったことが一つ。

 総理が、腹案はあるが、先ずはアメリカの了解を得る必要があるので、今アメリカに打診しており、現時点では公表できない、と発言された点。

 これって、ちょっと変ですね。本来は、地元の理解があって初めて、つまり国内をしっかり固めてから米国にあたるべきですよね。足元を固めずに外交はできないわけで・・・。

 とりわけ、民主党は、野党時代、自民党に対して、米国の言いなり、地元軽視とさんざん批判してきたのではなかったのか・・・、首をかしげざるをえません。

 そして、夕方には、舛添参議院議員が自民党を離党、新党結成とのニュースが飛び込んできました。

 うーん、渡辺喜美衆議院議員が自民党を離党、みんなの党を結成したときとダブって見えます。

 要するに、人気ものや、ちょっと「とんがった」、「極端」な発言や行動をとる人が出てくると、党内のベテランや執行部といわれる人が、次第に外堀を埋めていって、そういう人がいずらくなるような状況を作ってしまう。

 梯子を外してしまうわけで、結果的に、本人が望むと望まざるとにかかわらず、党内にいられなくなるようにしてしまう。


 本当に残念です。本当は舛添さんのような人を呑み込んで縦横無尽に活躍してもらうようにするのが、執行部の力量であるべきなのに、それができていない。

 

こんなに力を分散させて、本当に民主党に対峙できるのか・・・、引き締めていかなければなりません。

この記事へのコメント

  • クリームさん 2010年4月22日 09:14

    (*´Å`*)
    県議会議員や市議会議員のほうが
    色々な規制や法案と戦ってる
    何してんだあんた?

  • カード屋ジョニーさん 2010年4月22日 23:08

    正直多くの人間がこう思っています。
    昔横山光輝のマンガで読んだ項羽と劉邦を思い出しました。
    秦の始皇帝の死後のようです。
    今のままでは自民は完全自滅ですね。
    私はもう自民党には期待はしておりません。
    木原先生のような有能な若手の方々がいらっしゃるのは救いですが、たちあがれ日本を支持していくつもりです。
    自民党が、かつての英国の保守党のように復活する日を
    心より願っております。

  • 奥多摩最強プロさん 2010年4月22日 23:42

    木原先生、皆さま、こんばんは。
    クリームさんのコメントもよく分かります。何故なら、先生のお立場からと、私達一般国民の視点・感覚では、大きな差があって当然だからです。
    特に自民党のような大所帯の内部に居ると、どうしても客観視出来ない筈です。
    そのスピード感の違いは、電車の中からの景色と、景色からの電車程の差があると思います。
    勿論、景色からの視点は一般国民の感覚の事ですが、私達が国政へ直接参加出来る大きなチャンスは、走り去る電車の中に目を凝らす一瞬程の【選挙】しかありません。
    一刻も早く現政権が走らせてしまった暴走電車を止めないと、次に止まるのは一体どこの駅なのか?と、本当に不安で仕方がありません。
    政治家の皆さまには、是非とも、その電車から降りて、景色からの視点を持って頂きと考えます。

  • さん 2010年4月23日 01:59

    誠の自民党刷新のために
    頑張って下さい!!
    応援しています。

  • とうやさん 2010年4月23日 09:08

    谷垣さんは筋を通す人みたいですから執行部の外から批判を繰り返すだけの枡添に納得できないことがあったんでしょう。また、これを放置すれば不満を持った人から甘いと非難されるのは必至。それぞれいろんな意見は出るのは当たり前ですが目的はひとつのはず。みんなで選んだ谷垣さんを支えて一致団結して貰いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件