Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.08.10

大丈夫か、日本外交

先日のブログでも書きましたが、金元工作員のヘリコプター遊覧について、「韓国側の要請があった」とした中井国家公安委員長の国会での答弁に対し、韓国政府から抗議があったそうです。それに対し、今日の新聞によると、日本政府は釈明。

外交問題ですから、事実関係は分かりません。しかし、仮に要請があったとしても外交ルートでの要請であったはずで、外交機密に属する部類として、自分の立場が苦しくなっても発言すべきではなかったし、要請がなかったとすれば、中井大臣は外国を使って嘘をついたことになります。

いずれにしても、中井大臣の対応は論外です。

大臣が自らの立場を守るために外国を利用するという、許されない行為であって、日韓の信頼関係をぶち壊すものです。

同じ意味で、菅総理の首相談話も論外。日韓併合はもちろん韓国国民にとって屈辱の歴史のはずです。併合した側と併合された側の心の違いは、しっかりと理解しておく必要があると私は思います。

しかし、そう申し上げた上でも、この問題は、基本的に日韓基本条約の締結で、外交的には決着した問題です。一国民として人間として、どう思うかは別問題であって、あくまでも外交。

新たな首相談話が何故必要なのか、全く理解できない。

しっかりしてもらいたい。

少なくとも、大臣が日韓の信頼関係を壊す発言をする一方で、首相が謝罪談話という、何ともチグハグな対応について、しっかりと説明すべきではないでしょうか。