Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.09.25

海猿

何とも皮肉なことです。

中国人船長釈放の翌日、海猿のテレビ放映。

海上保安官の命懸けの姿に涙が止まりません。


そう、漁船の衝突を受けたときの海上保安官も国益のために必死だったに違いありません。

その命懸けの活動に対して、今回の釈放という政治的措置、どうなんだろう。


今日一日地元回りをして、出てくる話は、「日本はこれで中国の属国だ」というものばかり・・・。全くそのとおり。少なくとも、首相と外相が日本に不在中に、あたかも政治的決定でなかったかのごとく、たんたんと釈放した、この民主党政権の姿には、やはり怒りが止まりません。


この記事へのコメント

  • 魅惑の倉庫番さん 2010年9月25日 23:52

    尖閣諸島問題で地方検察庁が、独自の判断『処分保留で釈放』を下したって、事を政事や法律に疎い、一般人の何割が信じてるでしょうか?
    某県のダイバーが、沖縄県の海で珊瑚を密漁した容疑で逮捕されたが、嫌疑不十分(処分保留)で、釈放されたのなら異を唱える人は居ないでしょう。
    しかし、今回は日本国の領海で不法行為を行なった異国籍の容疑者です
    厳罰を処しても、容疑者の国からは非難が有るでしょうから、政府としても悩み所でしょう?
    だからと言って、国内法に抵触したならば、それ相応の処罰を下す事に関しては、国際的に考えても、妥当な事でしょう
    なのに、地方検察庁は政府に相談も無く、地検の判断で『釈放』を決めちゃったの?
    それって、某国の圧力に屈した=日本国よりも、某国の方が優位
    地検の判断で釈放=検事総長や法務大臣に意見を仰ぐまでも無く、独自の判断が出来る≒日本国政府より、地検の方が優位
    こんな構図を一般人が納得できますか?
    それよりも『親中反日思考』の政府要人が、地検に指導(圧力とも言う)を下した結果の『処分保留で釈放』の構図を一般人は、頭に浮かべるのでは?
    政府の要人も、地検に責任転化せず、『政府として、指導しました』と説明しないと…
    このままでは、『地検の暴走で、船長を釈放』なんて、社会科の教科書に載っちゃいそう

  • きんかんさん 2010年9月26日 00:13

    こんばんは、今の政府を一刻も早く叩き潰さなければ日本がなくなります。
    海保の保安官達はどれほどむなしい思いをしているか、日本の政府に対して絶望しているか知れません。この人達は国の財産です。木原さんも毎年行なわれる海保の観閲式に是非巡視船に乗船しては如何でしょうか?とても感動しますよ。自民党がんばれ!

  • イシコウさん 2010年9月26日 06:59

    情けなくって、泣けてきます。
    沖縄地検が、政治の圧力に屈した訳です、もう何にも信じられませんね、現場で命がけで戦ってる海保の皆さんや石垣の漁師さんそして、国民の怒りはどこへ向かうのでしょう。
    やはり、解散総選挙しかありません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件