Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.09.25

海猿

何とも皮肉なことです。

中国人船長釈放の翌日、海猿のテレビ放映。

海上保安官の命懸けの姿に涙が止まりません。

そう、漁船の衝突を受けたときの海上保安官も国益のために必死だったに違いありません。

その命懸けの活動に対して、今回の釈放という政治的措置、どうなんだろう。

今日一日地元回りをして、出てくる話は、「日本はこれで中国の属国だ」というものばかり・・・。全くそのとおり。少なくとも、首相と外相が日本に不在中に、あたかも政治的決定でなかったかのごとく、たんたんと釈放した、この民主党政権の姿には、やはり怒りが止まりません。