Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.12.03

対中国は中小企業だ

中国領土内で投稿する最後のブログです。 北朝鮮問題もさることながら、今回の訪問で確認したかった最大の点は、日本経済を今後どうしていくかということ。 中国経済が今後10年ぐらいでかなりのピンチにぶつかるであろうことは、先日のブログで書きました。 他方の日本は・・・。私の結論は、「キーポイントは中小企業」です。言い古された意味ではなくて、「対中国」という意味でこそ、日本の強みは中小企業にある。 中国の強さは何か。大量の安い労働力を活用した大量生産、組み立てです。 そして、トヨタであれ、東芝であれ、大企業の競争力の源泉はassemblyつまり組み立て。もちろん、個々の大企業は高い技術力を持っています。しかし、大企業として生き延びていくためには、「assembly、組み立て」で強さを発揮しなければならない。 そのためには、大企業はどうしても、大工場としての中国が必要になるのです。 でも、中小企業はそうではない。日本の中小企業は、安い人件費に支えられているわけではなくて、あるいは大量生産によるコストカットで戦っているわけではなく、技術力で戦っているのです。 中小企業は、海外に工場を持っていったりする必要なんて全くなくて、高い値段のまま中国に売りつければいいのだと・・・。そして、中国はその高い商品を買わざるを得ないのです。 大企業の多くが、「海外へ本部を動かさなきゃ」、「このままじゃ空洞化する」などと騒ぐけれども、それは大企業の大半が技術はもちろん高いんだけれど、その魅力というよりは組み立て力や最終製品の仕上がりで勝負しているから、そうなるのです。 中小企業は違います。今こそ、中小企業が世界に打ってでるときだと・・・、それを政府が支えるときです。その方法については、また、日本に戻ってから・・・。