Go Top

木原誠二

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

誠心誠意、政策で。
政治とは政策。政策とは作り、実行するもの。
木原誠二公式Twitter 木原誠二Facebook 木原誠二公式チャンネル 木原誠二公式サイトRSS

プロフィール

木原 誠二(きはら せいじ)

1970年生まれ。
学生時代はテニスに没頭。「少しでも人の役に立つ仕事を」と財務省入省。
99年~01年、英国大蔵省に日本人初の出向。その際、サッチャー元首相と運命的出会いを果たし、政治を志す。
05年衆議院議員初当選。しかし、09年落選。
落選中の3年間、民間企業で営業マンとして経済の現場で働きながら、地元政治活動を継続。
霞が関による「政策」独占を打破するため、言葉遊びではなく、自ら法律を書き、自ら政策を作れる「本物の政治家」を信念に、2012年12月、衆議院復帰(2期目)、現在当選3期。
2013年9月〜2014年9月、外務大臣政務官、2015年10月から現在まで外務副大臣を務める。

政治家としては初めて経済連携協定(EPA)の首席交渉官として日本とモンゴルのEPAを妥結し、2016年5月、モンゴルより北斗七星勲章を授与された他、平和外交の柱であるODAの改善や核軍縮・核不拡散に心血を注ぐ。また、2016年7月バングラデシュ・ダッカで発生したテロ事件では現地対策本部長を務める。

基本政策

写真で見る活動報告

ブログ と ビデオレター

せいじ便り(本人編集)

せいじ便り75号:大切な都市農業を守る ~都市農業振興基本計画の決定~

せいじ便り75号:大切な都市農業を守る ~都市農業振興基本計画の決定~

TOPICS

・G7伊勢志摩サミットを終えて

・世界経済に責任

・海洋安全保障

・オバマ大統領広島訪問、核廃絶に向けて

せいじ便りとは
政治の旬な課題を内容とする「せいじ便り」は原則月1回発行。構想・執筆すべて木原誠二本人が担当しています。毎朝の駅頭でお配りするほか、ミニ集会などで活用しています。

地元の紹介

農ある風景。緑と水豊か。人情味溢れる地域です。

狭山丘陵を背に武蔵野台地を東から西へ、東久留米市、清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市と続く5市で形成されているのが東京第20選挙区です。
西武新宿線あるいは西武池袋線で、都心まで30分程度の地の理によってベットタウンと発展しながらも、都内有数の都市農業地帯として、農のある風景そして緑と水豊かな地域です。そして、何よりも人間が温かい、人情味溢れる地域です。

この美しい、愛する地元を守り、発展させていくために、精一杯私も頑張ってまいります。
駅前に立つ